六甲SABO
HOME > 六甲山の土砂災害と対策 > 砂防施設の整備

砂防施設の整備

安全なくらしを土砂災害から守るため、六甲山地にはたくさんの砂防施設がつくられています。

砂防施設とは、文字通り「砂を防ぐための施設」のことですが、流れ出した土や砂を何が何でもくい止める、砂の一粒たりとも下流へ流さないというものではありません。何もせず、自然のままにしておくと、土石流などの原因となる危険な土砂について、流出を防ぎ、調節して、被害を軽減する役割を果たしているのです。

六甲山地では、砂防えん堤工のほか、護岸工、山腹工といった工法により事業が進められ、土砂災害を防いでいます。

六甲山地の主な砂防事業主体
国土交通省六甲砂防事務所
兵庫県砂防課
神戸市

六甲砂防事務所の施設整備状況
砂防えん堤 大雨が降った時など、流れてくる土砂を一時的にため、流れの力を弱めて、下流に被害が出るのを防ぐ 524基
山腹工 崩壊した山の斜面を、柵や壁の設置・植林などにより安定させ、土砂の流出を防ぐ 27ヶ所
渓流保全工 降雨や流水で土砂が削られるのを防ぐ 49ヶ所
(平成23年3月末現在)

            



砂防施設の働き

砂防施設の中でもっともよく見られるのが砂防えん堤です。砂防えん堤は、土石流をくい止めるとともに、山から流れ出す土砂を調節抑制する働きがあります。急な渓流につくられた砂防えん堤は土砂をためることによって、川底のかたむきをゆるやかにし、水の流れを弱めて土石流の流下をおさえます。また、大洪水の時に一時的に土砂をせき止め、せき止められた土砂は、その後の中小の洪水で徐々に下流へ安全に流されます。

  砂防えん堤の仕組みと機能

土石流発生のメカニズムと合わせて、「砂防えん堤の仕組みと機能」について実験(動画)で説明しています。
砂防えん堤がある場合とない場合でどのような違いがあるのか、実験で比べてみて下さい。    >>実験を見る

土石流発生実験

   ↑   
 実験はコチラ 

= = = 設定 = = =
大雨が降ったために谷の上流、山の上の方でがけ崩れが起こり、土砂が谷に貯まって、水をせき止めてしまいました。これが、天然のダムです。土砂でできた天然のダムの壁は、溜まった水や雨の水分を含むことで、次第に崩れやすくなり、上流から押し寄せる水の力に耐えられなくなって、決壊してしまいます。
動画は、砂防えん堤がない場合から始まります。

動画内容(2)
@ 砂防えん堤なし
動画内容(3)
A 砂防えん堤あり
勢いよく流れた土砂は、一気に山から街まで流れて、土砂で埋め尽くしてしまいます。 土砂は勢いよく山から流れてきますが、砂防えん堤でせき止められて溜まり、街は大丈夫のようです。

もちろん土石流のすべての土砂をくい止めることはできませんが、設置する場所やえん堤の大きさ等を長年の調査と経験を生かして設計を行い設置することにより、街に被害が及ばない程度まで土石流の威力を弱めることができます。

六甲山地の災害比較(昭和13年阪神大水害と昭和42年7月豪雨)

昭和42年の災害時には、昭和13年の阪神大水害に比べ、最大60分間雨量で大きく上回っている上、さらに市街化が進んでいたにもかかわらず、被害は著しく減少しています。これは、昭和13年以降に造られてきた砂防えん堤の効果が発揮された結果だといえます。

昭和13年と昭和42年の六甲山地災害比較

※「大阪ドーム」はアリーナ容積で換算。

被害状況は史誌等による。

昭和42年災害前後の住吉川五助えん堤
災害前の住吉川五助ダム
災害前
災害後(12万m3の土石流を貯留)
災害後(12万m³の土石流を貯留)

  砂防えん堤の「調節機能」

では、一度土石流が発生し砂防えん堤に土砂が貯まってしまったら、次に土石流が起こったらどうなるでしょう。止められないのではないでしょうか。実は、ダムには調整効果という働きがあるのです。一度土石流をくい止めて土砂が貯まった状態になった後は、中小洪水や通常の川の流れによって、少しずつ下流に流されていき、水平な状態になります。ですから、そこへ土石流がきても、また、土砂を貯める効果が戻っているのです。この機能が、砂防えん堤の「調整機能」です。


六甲山には、六甲砂防事務所により造られた砂防えん堤が500基以上、兵庫県・神戸市などにより造られたものを入れると、約1000基になる砂防えん堤があり、下流の街や人々の生活を見えないところから守っています。
  近年、六甲山において大きな土砂災害は起きていません。それは砂防えん堤があるからだ!と思っていませんか?実は、たまたま昭和13年や42年の災害時に匹敵する大雨が、まだ降っていないというだけのことなのです。ですが、当時に比べ、砂防えん堤のおかげでかなり、被害を小さく抑えられるものと思われます。

梅雨や台風シーズンには温暖化の影響もあって、局地的な大雨が増える傾向にあると言われています。雨に対する防災意識を、もう一度再認識して頂きたいと思います。


六甲山でみられる砂防施設のいろいろ

重力式えん堤(五助えん堤)

重力式えん堤(五助えん堤)
最も多くつくられているタイプのえん堤。えん堤自身の重さによって、水圧や土の圧力に対して安定を保つように設計されています。

格子型鋼製えん堤(鷹尾第二えん堤)

格子型鋼製えん堤(鷹尾第二えん堤)
鋼管パイプを組み合わせてつくられています。普段は土砂を貯めずに下流に流しますが、土石流発生時に流木や大きな石をしっかりと受け止めるえん堤です。河道を寸断しない構造のため、魚など水生生物の行き来を妨げません。


スリット付きえん堤(杣谷えん堤)

スリット付きえん堤(杣谷えん堤)
水が通る部分の一部を深く切り込んで、土砂を調節する働きを高めたえん堤。せき止めた土砂の調節量が大きいのが特長です。

アーチ式えん堤(帝釈えん堤)

アーチ式えん堤(帝釈えん堤)
両岸の岩盤を支えにして安定するように設計されたえん堤。重力式に比べてコンクリートの量が少なくてすみ経済的です。


流木止め付きえん堤(諏訪山第2えん堤)

流木止め付きえん堤(諏訪山第2えん堤)
土砂をせき止めるだけでなく、川を流れてきた木がまちに流れ出すのを防止するえん堤。下流の橋やトンネルに木がつまって、水や土砂が氾濫するのを防ぎます。

鋼製枠えん堤(鷲林寺2号えん堤)

鋼製枠えん堤(鷲林寺2号えん堤)
鋼材を組み立てて枠をつくり、中に玉石をつめて完成するえん堤。工期が短くてすむので、緊急を要する場合によく活用されます。


山腹工(杣谷山腹工)

山腹工(杣谷山腹工)
山の斜面が崩れた所や緑が失われ荒れた所で、法枠などの土木構造物を作ったり、木を植えたりすることによって土砂が流れ出すのを防ぎます。

護岸工(山田川護岸工)

渓流保全工(山田川渓流保全工)
川の流れを整えていくのが渓流保全工。大きく分けて2つの役割があり、1つは川岸が土砂や水にけずられないようにすること。もう1つは水や土砂を安全に流し、川の周辺や下流で災害が発生しないようにすることです。


ページトップ