HOME > 主な事業 人々との協働で進める仕事

人々との協働で進める仕事
 
 
私たちは、これからの道のりを安全に走るための防災情報の拠点として、道の駅を支援していきます。道の駅は、道路を使って旅する人のいこいの場であるだけでなく、地域の魅力的な産品をPRする場。平成18年度には、北近畿豊岡自動車道沿いに道の駅「但馬のまほろば」がオープン。
  道の駅「但馬蔵」(養父市)
また北近畿豊岡自動車道へとつながる国道9号沿いには、道の駅「但馬蔵」が平成18年度にオープンしました。「但馬のまほろば」は、その立地を生かすため、自然環境にも配慮した工夫で建設されています。
  道の駅「但馬のまほろば」(朝来市)
ボランティアサポート・プログラムは、地域の人々や自治体と私たちが協力し合って、清掃・植樹などを行うプログラムです。豊岡河川国道事務所では、但馬らしくきれいな道路づくりを、地域の人々とともに活動しています。
  川や道に関するみなさんの疑問や興味に応え、国土交通省の取り組みに対するご意見やご要望などを聞かせていただくための場として、「出前講座」を開催しています。私たち豊岡河川国道事務所を含めた国土交通省の職員が、最新情報を交えてわかりやすく説明しています。  
さまざまな機会を通じて行われる「出前講座」。
今後20年〜30年間の円山川をどう整備していくかを考えていこうと、学識・経験を有する人の意見を聴く「円山川流域委員会」が設置されています。現地視察、オープンフォーラムなどの活動を行っています。

 

 
川を大切にする気持ちを広げようとしてつくられた「円山川を美しくする協議会」は、豊岡河川国道事務所、兵庫県、流域自治体、地元各種団体で構成されています。油流出など水質の異常事態が発生した時は上流、下流の地域が連携して対応しています。また、河川愛護モニターを設置して、日常生活の中で円山川の状態を伝える仕事をしてもらってます。