世界遺産を見に行こう! 和歌山河川国道事務所
和歌山わいわいサイト
リンク集 新着情報
事務所の紹介 道路事業 河川事業 楽しむ 知る・歴史 和歌山人 Kids
 
ホーム > 河川事業 > 紀の川の環境


2.底生動物
 底生動物については、紀の川を対象とした昭和55年度から平成12年度までの調査により、48目153科373種が確認されており、主な種としては、汽水域ではコウロエンカワヒバリガイ、マガキ、ケフサイソガニ、ヤマトオサガニ、ドロオニスピオ、ヤマトスピオ、湛水域から流水域ではヒメタニシ、カワコザラガイ、ミゾレヌマエビ、ヒラテテナガエビ、アカマダラカゲロウ、ナミウズムシがみられています。
 また、注目種としては42種が確認されています。
注目種確認状況一覧表(※☆印のもは写真資料がご覧頂けます。)

(貝類)
図

(エビ・カニ類)
図

(その他)
図

備考)図中の赤枠は「平成9年度紀の川河川水辺の国勢調査」における主な出現種を、
   青枠は「平成13年度紀の川大堰関連魚介類調査」における主な出現種を示しています。




BACK INDEX NEXT



このホームページについて 
国土交通省近畿地方整備局 和歌山河川国道事務所