世界遺産を見に行こう! 和歌山河川国道事務所
和歌山わいわいサイト
リンク集 新着情報
事務所の紹介 道路事業 河川事業 楽しむ 知る・歴史 和歌山人 Kids
 
ホーム > 道路事業 > 京奈和自動車道沿線 年間イベント一覧

 

平成29年度 京奈和自動車道沿線 年間イベント一覧

京奈和自動車道パンフレット 1ページ目
京奈和自動車道パンフレット 2ページ目
↓PDF版のダウンロードはこちらから↓
PDF京奈和自動車道パンフレット(PDF:13.2MB)
 
和歌山
1 4月
上旬
紀の川市桃山まつり
【開催地】桃山グラウンド(紀の川河川敷)

4月上旬になると一目十万本の桃の花が咲き誇る桃山町の桃源郷において、多彩なイベントを開催。紀の川市を全国にPRするとともに、紀の川市桃源郷ハーフマラソンを開催。

2 4月
16日(日)
花盛祭
【開催地】丹生都比売神社

ご祭神に花を供え張るの訪れを寿ぐ祭で、参道に季節の花が竹筒に入れ飾られる。午前は、本殿に祝詞を奏上し、子供たちが神前神楽「浦安の舞」を舞い、午後は、神輿と神様のお道具を持ち狩衣を着た人々の行列が巡行。

3 4月
17日(月)
(旧暦3月21日)
旧正御影供
【開催地】御影堂 壇上伽藍

お大師さま、御入定の旧暦3月21日に当たる日に、「旧正御影供」を執り行う。年に一度しか内拝することができない御影堂内を参詣者の方々がお大師さま・諸弟子様方を奉拝できる。

4 5月
3日(水)〜5日(金)
10月
1日(日)〜3日(火)
結縁灌頂
【開催地】金堂

仏様の世界を表す曼荼羅に向かって華を投ずることにより、仏様と縁を結ばさせて頂き、阿闍梨様から大日如来の智慧の水を頭の頂より注いで頂くことによって、心の中に本来そなわっている仏の心と智慧を導き開く儀式。

5 5月
4日(木)
5日(金)
紀州九度山真田まつり
【開催地】道の駅「柿の郷くどやま」芝生広場

真田まつりは、戦国の波乱に満ちた時代を生きた真田昌幸・幸村父子を偲んで古くから開催されるお祭。現在は、2日間開催され真田の市や武者行列などが行われ九度山町のもっとも大きい祭の1つとなっている。

6 5月
14日(日)
和歌祭
【開催地】紀州東照宮、和歌浦周辺

和歌祭は毎年、5月第2日曜日に行われる紀州東照宮の大祭の渡御の呼称。紀州東照宮の108段の石段を勇ましく神輿が駆け下り、その後、太鼓や雑賀踊、薙刀振りなどの渡御行列が和歌浦周辺を練り歩く。

7 6月
15日(木)
青葉まつり
【開催地】高野山内

弘法大師空海の誕生を祝う祭りで、主役を務める青葉娘は、赤い袴と白衣の千早装束に烏帽子姿で、 呼び物の「花御堂渡御」に参加。行列の山車の上から「散華」と呼ばれるハスの花びらをかたどった縁起物の紙片をまく。

8 7月 海開き
【開催地】波早ビーチ・片男波海水浴場・浜の宮ビーチ

海水浴場の海開き。浜の宮ビーチは遠浅でマリンスポーツも楽しめる。片男波海水浴場は万葉集にも詠まれた片男波に隣接。波早ビーチは、白い砂浜と、公園のように整備されたビーチ。

9 7月
下旬
港まつり花火大会
【開催地】和歌山港中ふ頭

港まつりは、港の安全を祈願し港に対する関心を皆様にもってもらうため毎年和歌山港で開催。花火は、単発ものから始まり、「菊花園」などの仕掛け花火が登場した後、スターマインがフィナーレを飾る。

10 7月
29日(土)
30日(日)
粉河祭
【開催地】粉河とんまか通り

西国三十三所観音巡礼の三番札所粉河寺の本堂の裏山にある粉河産土神社の祭礼で、文禄2年(1593年)に起源をもつ。古式ゆかしい甲冑武者、大団扇、稚児、獅子増、鳳輦と多種多様な行列に続き、13台の山車が出る。

11 8月
上旬
紀州おどり「ぶんだら節」
おどるんや〜紀州よさこい祭り〜
【開催地】和歌山城周辺

昭和44年に始まり、毎年10万人を超える人が訪れる伝統あるお祭り。紀伊國屋門左衛門にちなんだ紀州おどりが和歌山城周辺を練り歩き、大勢の人で賑わう。

12 8月
5日(土)
紀の川橋本 SUMMER BALL 2017
【開催地】南馬場緑地公園

約6000発の花火が紀の川の夜空を演出。会場では、100余りのテントに橋本商工会議所と高野口町商工会の会員をはじめ市民団体、行政関連の出展、販売を行う。

13 8月
13日(日)
ろうそく祭り
【開催地】奥の院参道

毎年8月13日高野山では萬燈供養会(高野山ろうそく祭り)を開催。参道に浮かぶ約10万本のローソクの光は幻想的で、漆黒の闇にきらめく灯りの線は高野山の夏の風物となっている。

14 8月
15日(火)
星空の集い
【開催地】花園金剛緑地広場

花園金剛緑地広場で開催される夏まつり。山間に大きな音が響き渡る花火は圧巻。

15 8月
下旬
紀の川市民まつり
【開催地】打田若もの広場

恒例の約3000発の花火をメインに、多くのアーティストがステージに出演する花火と音楽の祭典。紀の川の川面に映る大迫力の花火が堪能できる。

16 8月
下旬
かつらぎ夏まつり
【開催地】かつらぎ公園

かつらぎ公園で開催される花火大会。紀の川堤防を利用した30分間の打ち上げ花火は見ごたえあり。

17 10月 和歌山城まちなかキャンドルイルミネーション竹燈夜
【開催地】和歌山城周辺

和歌山のシンボルである和歌山城とまちなかに、竹で作った約8000本の灯籠を並べ、キャンドルを入れて灯し、その幻想的雰囲気を楽しんでいただくイルミネーションイベント。

18 10月頃
(予定)
第3回はしもと歴史いきいきウォーク
【開催地】橋本市役所

黒河道世界遺産登録を記念したイベント。ファミリーコース7kmとスペシャルコース15kmがあり、完歩された方には素敵なプレゼントを進呈。ファミリーコースの通過ポイントの紀の川河川敷では楽しい参加型ゲームを開催。

19 10月
下旬
青洲まつり
【開催地】道の駅「青洲の里」

麻酔薬「通仙散」を完成させ、世界で初めて全身麻酔による乳癌摘出手術に成功した、医聖華岡青洲の偉業を称え、後世にに継承していくイベント。子供からお年寄りまで心から楽しんでいただけるイベントを予定。

20 11月 食祭WAKAYAMA
【開催地】和歌山城

海の幸、山の幸、大地の幸に恵まれた和歌山のうまいもんが和歌山城砂の丸広場に大集合。和歌山うまいもん市ではラーメンや寿司、地域の食材を使った郷土料理などのブースが立ち並び、ステージイベントもある。

21 11月
(予定)
和歌浦ベイマラソンwithジャズ
【開催地】和歌山マリーナシティ・和歌山港

日本初のミュージックマラソンとしてスタートし、JAZZマラソンの愛称で親しまれている。和歌浦の絶景がもたらす非日常プラス、ジャズに彩られた華のある大会。

22 11月
初旬

中旬
串柿の見頃
【開催地】四郷地域

串柿の里として400年の歴史と伝統を育んできた四郷(しごう)。串柿作りが始まると、農家の軒先や周囲の干場に柿の玉のれんが一斉に吊され、山里は柿一色に染まる。

23 11月
3日(金)
錦秋大伽藍お練り法会
【開催地】金剛峯寺〜壇上伽藍

総本山金剛峯寺より、紅葉に包まれた蛇腹路を経て、正装の僧侶が「散華」を撒きながら壇上伽藍金堂へ練り歩く華やかな行事。

24 11月
中旬
大収穫祭IN九度山
【開催地】道の駅「柿の里くどやま」芝生広場

九度山の名産である富有柿の収穫を祝うお祭り。町内農家による柿の直売、郷土料理などの食のイベントに加え、ステージイベントなど盛り沢山。

25 11月
18日(土)
19日(日)
かつらぎ町産業まつり
【開催地】かつらぎ公園

会場では、かつらぎ農産物ウェルカム市場での柿やみかんなど農産物の即売、海産物を販売。場内特設ステージでは、吹奏楽演奏、ミニライブ、フラダンスやダンスパフォーマンス、和太鼓の演奏など催しが盛りだくさん。

26 11月
下旬
紀州根来寺かくばん祭り
【開催地】根来寺

根来寺の開祖「かくばん上人」の名前にちなんだお祭り。根来寺大塔前特設舞台でのイベントや、根来塗体験などが楽しめる。

27 2018年
3月
上旬
岩出マラソン大会
【開催地】根来若もの広場

コースは「根来路」の広域農道で、ゴールの若もの広場に向けアップダウンきつめ。ゴール後は温かなトン汁でランナーの皆さんをお迎え。15kmの部には、イチゴのエイドあり。参加者には記念Tシャツ等の参加賞あり。

28 2018年
3月
3日(土)
雛流し
【開催地】淡島神社

雛流しは、全国各地から奉納された雛人形と願い事を書いた形代を3隻の白木の小舟に乗せて、宮司のお祓いののち、海に流す神事。

29 2018年
3月
4日(日)
高野の火まつり
【開催地】金剛峯寺前駐車場

高野山の春の山開きと四国霊場開き、招福厄除祈願として、大護摩供養「高野の火まつり」が、高野山の僧侶や修験者の方々により厳粛に営まれる。

 
奈良

京奈和自動車道沿線年間イベント(奈良国道事務所)

 
京都

「お茶の京都博」公式サイト(お茶の京都博実行委員会)



このホームページについて 
国土交通省近畿地方整備局 和歌山河川国道事務所