毛馬水門
毛馬水門 毛馬閘門は、水面の高さが違う大川などの大阪市内の川と淀川を船が行き来するためにつくられました。


 船が閘門にやってきます。
 閘門の中の水の高さをあわせます。閘門の入口が開き、船が中に入ります。
 入り口を閉め、閘門内と出口の水の高さを合わせます。
 閘門の出口が開き、船が出ていきます。




[ya_.gif]トップページへ