淀川河川事務所

水害に強い地域づくり協議会 首長会議

淀川における「水防災意識社会の再構築」について

平成27年9月関東・東北豪雨により、鬼怒川では堤防が決壊し、氾濫流による家屋の倒壊・流出や広範囲かつ長時間の浸水が発生しました。また、避難の遅れも加わり、近年の水害では類を見ないほどの多数の孤立者が発生しました。

この災害による社会資本整備審議会会長から国土交通大臣への答申を踏まえ、国土交通省では「水防災意識社会再構築ビジョン」として、全ての直轄河川とその氾濫により浸水のおそれのある市町村において、平成32年度を目処にハード・ソフト対策を一体的・計画的に推進することとしています。

これまで、淀川管内においては、「淀川管内水害に強い地域づくり協議会」により関係機関が連携し危機管理体制を構築・強化することで、住民の主体的かつ適切な避難行動の実現に向けた様々な取組を実践していることから、本協議会において水防災意識社会の再構築を目指すこととし、取組方針を策定しました。近年頻発する大規模氾濫に対して、さらなる減災に向け取組を進めています。

大阪府域 首長会議

京都府域 首長会議

ページトップへ