サイトマップ このサイトについて ヘルプ
HOME防災情報河川情報道路情報事業概要事務所の案内お問い合わせ

防災情報

HOME 河川情報 河川整備状況図と洪水氾濫危険区域図洪水氾濫危険区域図

由良川洪水氾濫危険区域図 由良川圏域 河川整備状況図 由良川洪水氾濫危険区域図
由良川洪水氾濫危険区域図について
●由良川流域

丹波、丹後の伝説の郷を貫流する由良川は、その源を京都、滋賀、福井の府県境、三国岳(標高959m)に発し、 京都府下北桑田の山間部を西流しながら、高屋川、上林川等を合わせ、さらに福知山において、土師川を合流し、 北に流れを転じ、舞鶴市、宮津市を左右岸に望みながら日本海に注いでいる。

その流域は、京都府、兵庫県におよび、流域面積1,880km2で、 京都府面積の約40%を占めている。

この由良川に流域は、綾部、福知山両市周辺の東西20kmが盆地として開けているほかは殆どが山地であり、 その比率は、山地89%、平地11%の代表的な山地河川で、さらに福知山より海に向かっては、両岸山が狭まり、 一旦洪水ともなれば、山から山が洪水の流路となる原始河川である。 また、川床勾配も20km附近まで約1/8,000という緩流河川である。

この由良川流域全般の気象概況としては、日本海型気候の特色を示し上流、下流の山間地域は、 夏期には暑さがそれほど厳しくないが冬期には厳冬となる。また、中流盆地は夏期には酷夏となり、冬季の寒さは強く、 いわゆる内陸性気象の特性を示している。また、流域の年間降水量は、流域平均1,600〜2,000mm程度であり、 福知山地点における流量の年間総量は約16億m3である。

河川概要 幹川流路延長:146km
流域面積:1,880km2
流域関係市町人口:約33万人
主な支派川:土師川
流域内主要都市 京都府
福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市
氾濫危険区域内都市 京都府
福知山市、綾部市、舞鶴市、宮津市
●洪水氾濫危険区域図公表のねらい

由良川が昭和28年の台風13号の実績流量による洪水で、 平成6年度において河川改修が不十分であるために所要の安全度が確保できない地先においての堤防が決壊するとした時、 氾濫流により浸水する区域を示したものです。

対象洪水規模は、昭和28年の台風13号の実績の対象流量としています。

氾濫水深は0.5m未満、0.5〜2.0m、2.0m以上の3ランクで表示しており複数の氾濫パターンの最大の水深を示しています。

氾濫シュミレーションにおいては、支派川や高潮による氾濫を考慮していないこと、 大規模な道路盛土等は考慮してありますが、計算メッシュが概ね125mピッチであるため、微地形による影響が表せないなど、 精度面において若干の誤差はあるものの、洪水氾濫状況は概ね再現していると考えられます。

●そして皆さんには!

流域に住む皆さんには、洪水氾濫危険区域図により、洪水氾濫による浸水の可能性のある区域と その被害状況を知っていただくことにより、

  • 自分の住んでいる地域における洪水氾濫による浸水被害の可能性の有無について認識を深めて頂く。
  • 水防への関心を高め、緊急時の水防、避難活動等に活用して頂く。
  • 水害に強い生活様式への工夫にも役立てて頂く。

と考えています。

今後、本図をもとに市町村が河川管理者等の協力のもとに、災害時の避難方法、災害情報の入手方法、 災害時の心得等の災害時に必要な情報を盛り込んだ洪水ハザードマップの作成を行います。

●由良川洪水氾濫危険区域図
由良川洪水氾濫危険区域図 拡大図 【担当】
国土交通省 近畿地方整備局
福知山河川国道事務所 調査第一課
〒620-0875
京都府福知山市字堀小字今岡2459-14
TEL(0773)22-5104(代)
▲このページのトップへ
国土交通省 近畿地方整備局 福知山河川国道事務所
〒620-0875 京都府福知山市字堀小字今岡2459-14 TEL:0773-22-5104(代表)
Copyright 2005 Fukuchiyama Office of River and National Highway, Kinki Regional Development Bureau,MLIT All Rights Reserved.