サイトマップ このサイトについて ヘルプ
HOME防災情報河川情報道路情報事業概要事務所の案内お問い合わせ

河川情報

HOME 河川情報 由良川における安全利用点検を実施しました

由良川における安全利用点検を実施しました
1.目的
由良川では、堤防や護岸、ポンプ場などの流域の治水のために必要な施設とともに、憩いの場、レクリェーション活動の場としても利用できるよう河川公園などの施設も整備されています。 河川を利用される方々には、河川空間には危険性が内在するという特性を認識していただくと共に、河川施設を可能な限り安心して利用していただけるよう、 国土交通省福知山河川国道事務所が河川の増水や河川利用が最も活発になるシーズンに備えて由良川の安全利用点検を実施しました。
2.点検の対象
点検は、福知山河川国道事務所が管理する区域全てを対象とし、今年度は特に下記の3つに重点を置いて実施しました。
1.水辺に近づきやすいような構造で設置した護岸などの施設
2.河川公園、グラウンドなどに隣接した堤防や護岸施設
3.川でのあそび(カヌー、釣り等)による利用頻度が高い地域の河岸等
3.実施時期及び点検者
点検は由良川出水期の始まる6月1日までの期間で随時行い、重点箇所の点検は、5月21日(木)に国土交通省福知山河川国道事務所職員が実施しました。
4.点検結果及び対策状況
危険な箇所について、こちらのとおり安全対策を施しました。
5.河川の利用について
当事務所では、由良川を安全にご利用いただけるよう、日常的に河川を巡視し、施設を点検しております。必要な箇所には、随時安全対策や施設の補修等を行っています。 しかしながら、河川はもともと洪水などにより自然的な変化を繰り返しています。また、近年は局地的豪雨による急な増水も各地で発生しております。 河川は危険性が内在するという特性をご理解いただき、ご利用にあたっては自らの責任においても十分に安全確保を心掛けていただくようお願い致します。
平成21年度 由良川安全利用点検箇所 位置図

@牧側合流部
牧川合流部は、右岸側には水辺にアクセスできる階段も設置されており、 暖かくなると水遊びをする子供達も見られる親しまれた河川です。

牧川で水遊びをする子供達

牧川右岸の河原の利用状況
牧川両岸の由良川合流部域の水際を中心に、点検を実施しました。

水辺にアクセスできる階段部分に、土砂と雑草があったため、後日撤去作業を行いました。

牧川右岸の河原に子供が触ると危険な刃物や鉄筋を発見したため、即撤去しました。
A音無瀬橋下流

右岸 猪崎運動場の利用状況
右岸の河川敷は、運動公園として整備されています。左岸は親水護岸が整備され、水辺に近づけるようになっています。  福知山ICから車で約5分でアクセスでき、散策、スポーツ、バーベキューや各種イベントなど多種の利用があり、過去の調査では、1日に約1300名の利用がありました。  
※利用者数は、平成18年7月30日(日)6〜18時に、2時間毎に河川と河川敷の利用者を数えた結果です。
音無瀬橋下流の両岸の水際付近を中心に、点検を実施しました。

右岸の水際の状況
 右岸の水際で浸食されている箇所を発見しました。  付近の見通しが悪く、注意喚起が必要であると判断し、看板の設置を行いました。
 

対策前と対策後です。
▲このページのトップへ
国土交通省 近畿地方整備局 福知山河川国道事務所
〒620-0875 京都府福知山市字堀字今岡2459-14 TEL:0773-22-5104(代表)
Copyright 2005 Fukuchiyama Office of River and National Highway, Kinki Regional Development Bureau,MLIT All Rights Reserved.