東はりま加古川水の新百景

冊子番号30


みだにけいこく・みだにたにがわ
三谷渓谷(三谷谷川)
■河川名
杉原川三谷谷川
■所在地
加美町 三谷
■参考文献 「ひょうご水の文化史」兵庫県企画部
「兵庫のふるさと散歩 東播編」
監修/石田 善人
発行/21世紀ひょうご創造協会
町提供資料


写真



川、水との関わり(アピールポイント、その他)
起伏に富んだ渓谷。




三谷谷川〜神姫バス「門村」下車西へ徒歩30分〜
渓谷へは徒歩50分
概要
三谷谷川は、東播磨の最高峰・千ケ峰(標高1,005m)山系を源流とし、至るところに淵や滝を形成、岩を噛み樹間をぬって流れる清流は絶景です。
なかでも「三谷渓谷」は千ケ峰の中腹の三谷コース登山口から約200mの地点にあり、“多可十景”の一つに選ばれています。雄滝と雌滝を中心にたくさんの淵や滝からなる起伏に富んだ景勝地です。この渓谷は、滝音と沢渡りの風が心地よく、四季の彩りが目を楽しませてくれます。
三谷谷川流域には、美しい自然に親しめるように、ベンチなどが設置され、親水ゾーンが形成されています。また、下流域では当地の自然石を取り入れた修景護岸が整備されたり、魚道やたまりが設けられ、生態系や自然環境にも配慮されています。
三谷登山口への途中には、自然体験施設・加美町農林業公園(ハーモニーパーク)もあり、リンゴ狩りなどが楽しめます。また、公園を一望できる高台には、宿泊ロッジもあります。


back