東はりま加古川水の新百景

冊子番号63


おおすみばし
大住橋
■河川名
加古川
■所在地
小野市 下来住町〜大島町
■参考文献 「ひょうごランドスケープ100景」
神戸新聞総合出版センター
発行/山崎 修
「播州・小野シティガイド」
小野市、小野市観光協会


写真



川、水との関わり(アピールポイント、その他)
加古川に架かる特徴ある構造物。




JR加古川線「小野町」下車北東500m
概要
「大住橋」は、小野市下来住町と大島町間に架橋された橋です。小野市を代表する伝統産業そろばんのモニュメントが、欄干の両端にはめ込まれた橋です。親柱のそろばんのコマには、竣工年度が刻んであり、小野市独自のオリジナリティあふれるこの橋は、付近の風景とマッチしてユニークな景観を作り出しています。
橋全体もすっきりした形で、親柱が目立つように考えられています。
天正8年(1580)に、大津から技術が伝えられたという「播州そろばん」は、小野市が誇る伝統産業です。以来、農家の副業として発展を続け、現在では、全国の80%を生産、国内はもちろん海外にも輸出し、好評を博しています。


back