東はりま加古川水の新百景

冊子番号81


ふるさとかんよかわ
ふるさと館吉川
■河川名
美嚢川
■所在地
吉川町 西奥
■参考文献 「吉川町文化財マップ」吉川町教育委員会


写真



川、水との関わり(アピールポイント、その他)
加古川の豊かな水が生み出した酒米や農耕などに関する施設。




神姫バス「渡瀬」下車南へ4km
神姫バス「二ツ子」下車北へ2km
概要
「ふるさと館吉川」には、民俗資料室や民家、また体験学習室があります。
民俗資料室では、吉川町特産の酒米“山田錦”がどのように作られてきたかを具体的にわかりやすく理解してもらえるように、その栽培を中心とした昔の農耕の様子や、長年使われてきた農具や作業の模型を展示しています。
また、展示されている民家は、明治初期の頃の町内の農家をモデルに再現したものです。数多くの民具(明治初期〜昭和)も展示されています。
体験学習室は、吉川町の歴史の中で培われてきた技術や、明日の吉川を創造する芸術の交流の場として活用されています。主に竹細工や、わら細工の体験学習や陶芸、木彫りなどのサークル活動が行われています。


back