キャスポルタイトル

衝撃加速度法による簡易支持力測定器  MIS-244-0-61型

 用途  特長
  1. 支持力の簡易測定[CBR値に換算]
  2. 地耐力の簡易測定[K30値に換算]
  3. 転圧効果の簡易測定[インパクト値]
  4. 舗装修繕工事の路床土確認
  5. 埋戻し土の支持力確認
  6. 地盤改良後の改良効果の確認
  7. 競技場、ゴルフ場等のコースの地盤硬さ管理
  • 反力のいらない支持力測定器
  • カウンターにプリンターが付きました。
  • 小型・軽量・操作簡便・省人化設計品
  • 試験の結果がすぐ判ります。
  • 経済的です。短時間で多量のデータが入手可能。
  • 電源は充電式DCです。どこでも測定可能。
  • 個人差がなく、どなたでも同じ測定ができます。
 原理
JISA1210規格に相当するランマーに特殊な加速度計を組み込んだもので、締固められた路床・路盤に45cmの落下高さから4.5kgの重錘を自由落下させ、その衝撃加速度[インパクト値]の大小をデジタル表示器に即座に表示します。強い地盤の場合はインパクト値が大きく表示され、逆に弱い地盤は小さく表示されます。
 仕様及び構造図
 詳細参照
 操作手順
  1. キャスポルの三脚を伸縮して水準器を見て垂直に設置します。
  2. キャスポルのランマーを引上げ、ストッパーに固定します。
  3. ストッパーをはずしランマーを落下させます。
  4. カウンターディスプレイに表示された測定値を読み取り、記憶ボタンを押しそれを記録します。
  5. 測定器を次の測定に移動します。
  6. すべての測定が終了したら、印字ボタンを押し、プリンターに記録します。

 

 

 

 

 

 

※測定結果の取扱いは測定器使用マニュアル作成委員会(近畿技術事務所発行)のマニュアルに従って正しくお使い下さい。
 

設置

 

 

測定

 

移動

設置

測定

 

移動