×閉じる

MENU

文字のサイズ

清滝生駒道路

清滝生駒道路

整備効果

4車線開通した、東中野交差点~清滝トンネル東側での交通混雑が緩和

 清滝生駒道路(四條畷市中野~生駒市鹿畑町)では、1-1、1-2、1-3工区東中野交差点~清滝トンネル東側)4車線部分開通により、所要時間が8分(約3割)短縮されました。
 さらに残る区間が4車線で整備されると、清滝生駒道路全体を通行する所要時間は約11分に短縮され、最大で17分(約6割)短縮となります。

  • ※2車線開通後の所要時間は、浪速国道事務所調査データ(平成14年度)、奈良国道事務所調査データ(平成13年度)
    ※4車線開通後の所要時間は、浪速国道事務所調査データ(平成26年4月16日調査結果)
    ※全線4車線開通後の所要時間は、走行速度60km/hとして算出

全区間に歩道を整備することにより、歩行者や自転車の安全を確保

 現道区間では歩道が設置されていない区間が約4km(約3割5分)あり、清滝生駒道路の整備により、自転車歩行者道が整備され歩行者及び自転車の安全性が確保されます。

歩道の連続性を確保

  • ▲歩道が途切れている箇所
  • ▲歩道整備済区間
ページの上部へ