国土交通省 近畿地方整備局

国土交通省 近畿地方整備局

  • 文字のサイズ
2019年7月30日

「逃げ遅れゼロ」を目指し大規模氾濫に備え水害に強い大和川下流部での地域づくりを促進します
~8/1 第5回大和川下流部大規模氾濫に関する減災対策協議会を開催~

概要

 今回の協議会では、大規模氾濫に関する減災対策の取組方針に基づき、各機関の取組状況の報告によるフォローアップ、情報共有と2020年度目途に取り組む緊急行動計画(平成31年1月改定)の実施内容の確認をしてまいります。
主な項目は以下の通り 
 
ハザードマップの作成・周知、解りやすい避難情報に関する事項
 ・防災教育や防災知識の普及タイムライン作成・更新に関する事項
 ・
福祉分野、利水ダム等多様な関係機関との取組の情報共有


 大和川下流部では、社会全体で常に洪水に備える「水防災意識社会」の再構築を目的に、沿川8市、水防事務組合、大阪府、国が「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づく取組方針を平成28年度に策定しました。
 今回は平成30年7月豪雨をはじめ、近年各地で発生した大水害を受け、災害時に実際に行動する主体である住民の取組強化、や多様な関係機関(要配慮者利用施設、高齢者避難担当やダム管理者等)との情報共有を確認することを目的に開催します。
 
●開催日時:令和元年8月1日(木)13:30~(受付開始 13:15)

●開催場所:柏原市立市民プラザ 6階大会議室(別添参照)

●公開・取材等
(1)本協議会は、公開で開催します。なお、事前申込みは不要です。
 また、会議中の撮影は、議事の妨げにならない範囲でお願いいたします。
(2)会議での配付資料等は、大和川河川事務所のホームページに掲載します。

問い合わせ先

国土交通省 近畿地方整備局 大和川河川事務所
 副所長  榎本 博行 (内線 204)
 事業対策官 渡邊 俊夫 (内線 208)
 電話 072-971-1381(代表)