国道の始まり
日本の道路の起点を示す、東京・日本橋の日本国道路元標(東京都中央区)
日本の道路の起点を示す、東京・日本橋の日本国道路元標(東京都中央区)
 そもそも、国道とは一体どうゆう道のことなのでしょう? 
 私たちの国で「国道」という言葉が初めて使われたのが、明治9年の太政官布告によって、全国の道路が国道、県道、里道に定められたときです。これらの道は、全て一等、二等、三等の三等級に分けられました。
 全ての国道は東京の日本橋が起点で、江戸時代の五街道の流れをそのまま受け継いでいました。最も重要な道路と考えられた一等国道には、東京と各開港場を結ぶ幹線道路を設定。二等国道は、東京から伊勢神宮や各府(京都・大阪など)、それに各鎮台(東京・大阪・名古屋など)を結んでいた道でした。三等国道には、東京から各県庁所在地に通じる道が選定されました。各開港場や鎮台に対する道路の等級が高いことから、当時の政府の軍事重視の考え方がうかがえます。
 太政官布告では、道路の幅員についての規定もあります。国道の一等は七間で約12.7m、二等は六間、三等は五間と設定されています。
太政官布告の公布から約70年が経過した大正7年、長い年月をかけて、新道路法が成立します。この道路法では、道路を国道、府県道、郡道、市道、町村道の五つに分類。その後、郡道が削除され四種類となります。
 この法案成立から、国道に関する建設費および改修費は国が全額負担することになりました。しかし、政府が選定した重要な国道には、開港場や鎮台に通じる道路が多いことから、依然として軍事優先主義が感じられます。
 その後、日本は終戦を迎えました。そして、終戦から七年が経った昭和27年には、新たな道路法が成立します。この法案では国道の選定における軍事色が取り除かれ、国民の道路要請に適した道路法となりました。

| 国道の始まり | 姿を現す現代の国道体制 | 現在の国道 | 国道の摩訶不思議 |

▲上に戻る

姿を現す現代の国道体制
大阪府内を走る国道
大阪府内を走る国道
 昭和27年に成立した新道路法は、現在の道路法の基礎となっているものです。この法案での道路の種類は、「1高速自動車国道(高速道路) 2一般国道 3都道府県道 4市町村道」の四つに分けられています。時代の流れを象徴する高速道路が登場するのも、この法案からです。
 一般国道は、一級国道(1号〜40号)と二級国道(101号〜244号)の二つに区別されていました。一級国道とは国の骨格を形成する道路で、東京日本橋を基点にして1号から順番に番号がふられました。東海道とほぼ同じ道筋をとった東京〜大阪間が、国道1号として日本の大動脈に指定されました。2号は大阪〜北九州、3号は北九州〜鹿児島、4号は東京〜青森、5号は函館〜札幌と、5号までで日本をほぼ縦断する形になっています。さらに6号から10号を加えた1〜10号までで、日本を一周するように一級国道が設定されました。二級国道は、一級国道に準じた主要な道路として、101号からの三桁の番号で表されています。
 昭和40年代に入り日本の自動車の普及率が急速に伸び、大都市では一級国道をしのぐ道路が次々と建設されました。これによって道路のランクづけを行うことが困難となり、昭和40年に一級と二級の区別をなくし、一般国道として統合されました。

| 国道の始まり | 姿を現す現代の国道体制 | 現在の国道 | 国道の摩訶不思議 |

▲上に戻る

現在の国道
大阪市道路元標は、国道1号、国道2号、国道25号の起終点を示す(大阪府大阪市)
大阪市道路元標は、国道1号、国道2号、国道25号の起終点を示す(大阪府大阪市)
 現在の国道はどのような道路のことを指しているのでしょうか。道路法および高速自動車国道法によれば、国道とは「高速自動車国道」と「一般国道」を指し、全国的な幹線道路網を構成する道路とされています。
 現在の一般国道は指定区間と指定外区間に分けられます。指定区間とは、国道の中でも特に重要な道路で、交通量が多く、道路設備の充実した道路のことです。指定外区間は、それら以外の道路を指しています。
 では現在は、どのような考え方で国道は指定されているのでしょう。国道の指定を受けている道路は、次のようなものです。主要な都市と都市とを結ぶ道路、高速自動車国道(高速道路)との連絡機能を持つ道路、主要な港や空港などに通じる道路です。簡潔に言うと、主要都市、高速道路、主要港(空港)の三点をつなぐ道路が、国道として優先的に指定されています。

| 国道の始まり | 姿を現す現代の国道体制 | 現在の国道 | 国道の摩訶不思議 |

▲上に戻る

国道の摩訶不思議
大阪市道路元標は、国道1号、国道2号、国道25号の起終点を示す(大阪府大阪市)
日本最短の国道174号(兵庫県神戸市)
 全国で459路線ある国道には、皆さんに知られていないことがたくさんあります。
 まずは、国道の起点と終点についてです。国道を利用するとき、普段は相互的に行き来するので気にかけることは少ないですが、国道にも始まりと終わりが存在します。最も有名なのが、東京日本橋を起点として大阪梅田新道の交差点を終点とする国道1号です。基本的に東京から発している国道に関しては、東京が起点になっています。また、大都市と小都市とを結ぶ場合には大都市を起点に、同規模の都市同士を結ぶ場合には、東側あるいは北側の都市を起点とすることが原則です。
 では、次は起点から終点が最も長い、要するに一番長い国道についてです。全国で一番長い国道は、東京〜青森間をつなぐ国道4号で743.6km。しかし、これはあくまで自動車で通行することを前提にしたもので、隠れたNo.1は鹿児島から種子島、奄美大島経由で那覇までをつなぐ国道58号です。鹿児島〜那覇間と言っても、当然陸は存在しないので、海の上をフェリーで通過する海上国道を指しています。全長にして857.6kmにもなる海の上の国道です。
 反対に最も短い国道は、どこでしょう。日本最短の国道は、神戸港と国道2号を結ぶ国道174号です。距離にしてわずか187mで、徒歩でも三分あまりで通り過ぎてしまいます。
 大阪にある国道にも全国一のものがあります。大阪を起点に北九州へと進む国道2号は、国道の中でも最も多く橋が架かっている道路です。2m以上の橋が1,015ヶ所もあり、586mに一本の割合で橋がある計算になります。これだけ多くの橋が架かる国道2号は、日本の河川の多さを象徴する道路とも言えます。

| 国道の始まり | 姿を現す現代の国道体制 | 現在の国道 | 国道の摩訶不思議 |

▲上に戻る

【写真提供】
  RJQ.JP
  Joeの旅日記