GINBASHI
拡幅事業の概要  | 新桜宮橋の計画
新桜宮橋の計画

○新しく上流側(北側)に橋を架け、これを東向きの交通(3車線)のために使います
○現在の銀橋を残し、西向きの交通(3車線)のために使います
○市民生活に潤いを与える施設(桜之宮公園や泉布観)を活かす道路構造とします

【6車線化道路平面図(西行き3車線,東行き3車線)】

マップ

【新桜宮橋架橋位置】

写真

【経緯】

「新桜宮橋デザイン検討委員会」 平成12年8月〜12年11月
下部工事 平成14年7月〜16年3月
上部工事 平成15年10月〜18年3月

【新桜宮橋のデザイン】

新桜宮橋のデザインは市民の皆さんから頂いた意見を参考に、有識者から
なる「新桜宮橋デザイン検討委員会」によって決定されました。

○市民からのご意見
「アーチ橋」への支持が大多数を占めました。

グラフ
新桜宮橋に期待すること 新桜宮橋のデザインについて
 
デザイン検討委員会
第1回 H12.8.2、第2回 H12.9.27、第3回 H12.11.27
写真
委員会のメンバー (委員長:堀井 良殷)
安藤 忠雄 (建築家、東京大学教授)
井上 龍介 (大阪府都市計画審議会会長)
佐伯 彰一 (財団法人 土木研究センター 常務理事)
津田 和明 (社団法人 関西経済連合会 文化委員会 委員長)
堀井 良殷 (財団法人 大阪21世紀協会 理事長)
岩本 康男 (大阪都市計画調整局長)
佐野 正道 (建設省近畿地方建設局 道路部長)
  (敬省略、役職は委員会当時)
委員会での主な決定事項
形式
市民の意見として「アーチ橋」への支持が全体の3/4を占めたことをふまえ新桜宮橋の形としては、現銀橋とおなじく「アーチ橋」となりました。

アーチのデザイン
河川防災上、新桜宮橋の橋脚の間は、銀橋よりも広い間隔が必要になり、それにともなってアーチ部の長さも長くなります。新橋のデザインは現在のイメージも活かしつつ、技術の進歩も実感できる新しい形状とし、スレンダーなアーチ橋となりました。
安藤 忠雄氏によるデザインコンセプト
写真
完成イメージ
  昭和5年に架け渡されて以来、大阪の一つのシンボルとして、人々に親しまれてきた桜ノ宮橋(通称 銀橋)。四季を通じて大阪の風景に彩りを与えてきた。夏には、大阪天満宮の天神祭の船渡御と花火で、春は、ウォートルス設計の造幣局の通り抜け桜で、遠来の人々にも広く親しまれている。
 大阪人の原風景の中にある、この銀橋に隣接して、今回新たに新銀橋を建設する。計画に際し、新しい橋の登場によって、既存の銀橋の魅力もより引き立つ、新旧が対となり、互いに刺激しあうような場所づくりを提案する。
 新銀橋の形状は、旧銀橋に倣いアーチ型とし、最高高さ、軸の方向など、様々な要素について、可能な限り旧銀橋の相似形となるよう計画する。ただ、それをつくる技術については、あくまで最新の素材・工法を用いる。おのずと、新橋は旧橋と比べて、非常にスレンダーなものとなるから、それら新旧の橋が、対として並置されることで、現在と旧橋建設当時の技術の違い、その間にある時間的奥行きを表現することが出来る。
 旧銀橋は新銀橋とともに、21世紀へと足を踏み出し、次の100年を生き抜いていく。新旧の間に喚起される、時間を超えた〈対話〉が、大阪の都市空間に刺激を与え、新たな命を吹き込んでいく。
 この計画が、次代の大阪を、時間的、空間的に奥行きのある、豊かな都市としていく、その第一歩となることを期待している。

完成イメージ

戻る(拡幅事業の概要)
TOPへ戻る