ホーム > 大阪国道事務所の業務 > 交通事故重点対策事業・交通安全施設等整備事業 > 歌島橋交差点改良 > 事前調査 歌島橋交差点付近の事故状況



TOP
歌島橋交差点改良とは
I 期供用の内容
II期供用の内容
効果・調査

効果・調査


事前調査 歌島橋交差点付近の事故状況】


(1)歌島橋交差点の死傷事故率
一般国道2号歌島橋交差点のH11〜H14の全事故件数は71件。
死傷事故率は、大阪府域の直轄国道における交差点1871箇所の内、5番目に高い。

図1 大阪府域内の直轄国道における交差点での死傷事故率
グラフ
※死傷事故率〔件/億台km〕=年間死傷事故件数(H11〜H14の平均)×100,000,000/(日交通量〔台※H11交通センサス〕×365×0.1〔km〕)


(2)当事者別の事故割合
歩行者、自転車に係る事故は、32件。 全事故に占める割合は約45%と高い状況。   

図2 当事者別の事故割合(H11〜H14)
グラフ


(3)類型別事故割合
事故類型別では、追突が28件(約39%)と高く、次いで左折及び出合頭がそれぞれ15件(約21%)となっている。 

図3 車両相互の類型別事故割合(H11〜H14)
グラフ

(4)歌島橋交差点の事故件数と箇所別割合

横断歩道付近での自転車に係る事故は24件、全事故の約34%、自転車に係る事故の75%を占めている。
[表1 (1)(5)参照]
今回撤去する交差点北側部の横断歩道付近での自転車に係る事故は7件、全事故の約10%を占めている。
[表1 (1)(2)参照]
なお、歩行者・自転車に係る死亡事故は、H11〜H14においては発生していないが、H5(歩行者)、H9(自転車)において死亡事故が1件ずつ、横断歩道付近((3))で発生している。


表1 全事故件数と横断歩道等上の事故件数(H11〜H14)
全事故
71件
(死者数0)
(100%)
自転車に係る事故
32件
(45%)
((100%))
横断歩道等上での事故
24件
(34%)
((75%))
2件 (3%) (1)市道淀川北岸線 十三側横断歩道付近 交差点
北側部
5件 (7%) (2)府道大阪池田線 加島(北)側横断歩道付近
1件 (1%) (3)国道2号 大阪(東)側 自転車横断帯付近
8件 (11%) (4)国道2号 神戸(西)側 自転車横断帯付近
8件 (11%) (5)府道大阪池田線 大和田(南)側自転車横断帯付近
横断歩道等以外
8件
(11%)
((25%))
3件 (4%) 交差点北側部 を横断
5件 (7%) 車道上を車輌と同一方向で進行中
二輪車、自動車に係る事故  
39件
(55%)
 
※注1−−H11〜H14の間、歩行者の事故件数は0件。よって自転車に係るもののみ表示。
※注2−−( )は、全事故71件に占める割合、(( ))は、自転車に係る事故32件に占める割合。

図4 箇所図



ホーム > 大阪国道事務所の業務 > 交通事故重点対策事業・交通安全施設等整備事業 > 歌島橋交差点改良 > 事前調査 歌島橋交差点付近の事故状況
このホームページについて サイトマップ 道路IRサイト お問い合わせ
国土交通省 近畿地方整備局 大阪国道事務所
〒536-0004 大阪市城東区今福西2-12-35 TEL:(06)6932-1421(代)