住民の方々の支援活動

春の大園遊会2013

日時: 2013年5月19日(日) 10:00〜16:00
場所:芦屋市総合公園
主催:阪神園芸グループ芦屋市 総合公園指定管理連合体


春の大園遊会

広域避難場所に指定されている芦屋市総合公園において、公園に親しんでもらうのにあわせて、防災意識なども高めていただくことを目指し、「春の大園遊会2013」が開催されました。

六甲砂防事務所では、芦屋市の阪神大水害(昭和13年)における被害写真パネルなどの展示を行いました。


春の大園遊会

○阪神大水害(昭和13 年)の被害写真パネルを展示

当日は天気もあまり良くありませんでしたが、子供からお年寄りの方まで多くの方にお集まりいただきました。阪神大水害(昭和13 年)の土砂災害による芦屋川周辺の被害の様子や、同じような被害が起こらないように六甲山地で取り組んでいる、砂防えん堤の整備や六甲山系グリーンベルト整備事業などについて説明しました。

パネルを見られた方からは、「おばあさんから、『昭和13 年の災害の時は大変だった』という話は聞いていたが、この被害写真を見て、あまりの凄さに驚いた。」という感想も聞かれ、「体験談は、身近にある危険を教えてくれます。ぜひ次の世代にも伝えて下さい。」とお願いしました。

春の大園遊会
春の大園遊会

ページトップ

 印刷用PDF(182KB)