行政・大学などの支援活動

越美山系砂防工事安全技術協議会による
現地見学会

日時: 2013年8月2日(金) 13:00〜16:00
場所:六甲砂防事務所、天狗塚えん堤(都賀川上流)など
主催:越美山系砂防工事安全技術協議会 参加人数:15名

越美山系砂防工事安全技術協議会の方々が六甲砂防事務所を来訪し、砂防工事の技術及び安全管理の向上のため、砂防えん堤の工事現場を見学されました。


六甲砂防事務所で工事中の代表的な砂防えん堤である、天狗塚えん堤の工事現場を見学していただきました。

この天狗塚えん堤をはじめとした六甲山地の工事の多くは、地形が急で住宅密集地が近接していることから、周辺への地形や環境に与える影響を少なくするために索道(ケーブルクレーン)による資材の運搬を行っていますが、越美山系(岐阜県)の工事の多くは、工事用道路により資材を運搬しているとのことでした。

前ヶ谷えん堤・古寺山えん堤の工事現場では、越美山系(岐阜県)と六甲山地(兵庫県)の気象条件や地域の特性が異なることによる施工方法の違いなどについて、双方の技術者の間で活発な意見交換が行われました。六甲砂防事務所としても、地域による特性を再認識する貴重な機会となりました。

天狗塚えん堤での索道による資材運搬の様子
古寺山えん堤での現場代理人による説明

 

ページトップ

 印刷用PDF(182KB)