国際協力活動

JICA「持続的自然資源管理に向けた森林保全・管理とその関連技術」研修 現地案内

日時: 2013年8月30日(金)10:00〜16:00
場所:六甲砂防事務所、渦ヶ森地区斜面対策工事(石屋川上流)など
主催:JICA 参加人数:4名

東ティモール国農水省森林局の森林警護官が、(独)国際協力機構(JICA)が行っている研修の一環として、六甲砂防事務所に来訪されました。

六甲山地での砂防事業についての説明の後、土石流実験、砂防えん堤や六甲山系グリーンベルト整備事業の現地を見学していただきました。

東魚屋えん堤

○住宅に近接する砂防えん堤

六甲山地の砂防事業の説明に対し て、研修員の方からは、「住宅から砂防えん堤までの距離は決まっていますか?」という質問がありました。砂防えん堤は土石流を効果的に防ぐ所に整備するため、距離は決まっていないことを説明し、その後、住宅に近接して整備した砂防えん堤を見ていただきました。

○「みんなの森づくり」について説明

現地では、特に「みんなの森づくり」に関心を持たれ、市民団体や企業の活動について質問がありました。どんぐりの植樹や下草刈りなどを主に行っていますが、団体ごとに活動内容が異なるため、取決めの範囲内で様々な活動をしていることを説明しました。

渦ヶ森地区斜面対策工事
みんなの森づくり 団体活動地

ページトップ

 印刷用PDF(228KB)