六甲SABO
HOME >  コミュニケーション活動 >  市民・企業による森づくり >  森の世話人(ネスレ) >  平成21年11月21日

「森の世話人」活動報告 〜ネスレ日本株式会社〜

木を覚えるための取組み

平成21年11月21日(土)

今回の活動では、ネザサの刈取りや倒木の処理に加え、木のネームボードの設置にも取り組みました。

まずは、専門家に植物の特徴や見わけ方を教わり、活動地に多くの種類の木が生育していることを再認識しました。

活動の様子(写真)
植物の名前や特徴を記録
活動の様子(写真)
木の名前を丁寧に記載

続いて、名前を書いたボードを木にかけていきました。

これで、実物を見たり、触ったりして、木の特徴をつかむことができます。植物に詳しくなくても、伐採する木や残す木を覚えることができそうです。

活動の様子(写真)
ネームボードを設置した木々

ネザサの刈取りで林内がスッキリするとともに、ネームボードを設置したことで、見栄えのする森になりました。手入れしている実感がわき、活動地への愛着がさらに強くなりました。

今後、木の名前を覚えるなど、楽しみながら森の手入れができそうです。

pdf形式印刷用PDF(331)

ページトップ




森の世話人活動支援事務局連絡先

06-4390-5104

06-4390-5601

メールでのご連絡