六甲SABO
HOME > コミュニケーション活動 > 市民・企業による森づくり > 「森の世話人」活動紹介(夙川スカウト)

「森の世話人」活動紹介

「森の世話人」として、活動している団体を紹介しています。

夙川ボーイスカウト育成会

集合写真

団体の概要

夙川ボーイスカウト育成会は、200名のスカウト(子ども達)と指導者・保護者で構成された団体です。週末には毎週のように、夙川や六甲山などで活動しています。

ボーイスカウトは100年前に英国で発祥し、その活動スタイルは「森林生活者」のイメージをベースにしています。青少年教育にキャンプをはじめとする森の中での暮らしを取り入れた最初の組織であり、森に関するノウハウを最も持っている団体といえます。

その意味で、「森の世話人」は、ボーイスカウトにうってつけの活動だと考えています。

夙川ボーイスカウト育成会は、2009年に結成50周年を迎えました。自然豊かな夙川の地でこれからも、自然に向き合う活動を続けていきたいと考えています。

主な活動内容

林内の整理風景
林内の整理風景
環境学習風景
環境学習風景

活動地

西宮市苦楽園周辺(愛称:健児の森)

活動地

活動紹介


ページトップ


森の世話人活動支援事務局連絡先

06-4390-5104

06-4390-5601

メールでのご連絡