六甲SABO
HOME > コミュニケーション活動 > 市民・企業による森づくり > 「森の世話人」活動紹介(一般社団法人ブナを植える会(鶴甲の森))

「森の世話人」活動紹介

「森の世話人」として、活動している団体を紹介しています。

一般社団法人ブナを植える会(鶴甲の森)

集合写真

団体の概要

森の母とも緑のダムとも言われるブナの林を復活させ、緑豊かな山野を取り戻す目的で「ブナを植える会」を昭和55年に結成しました。但馬地域の各町のご理解とご協力を頂き、13,800本のブナの苗を植えることができました(平成25年12月現在)。また平成19年秋から、東お多福山において、ネザサの刈り取りや植生の回復調査を行い、草原の再生・保全活動を継続中です。

豊かな森・自然の復元を願ってブナを植え始めた活動も、今では森林の再生から、森・川・海の連携、そして生物多様性と、多様な活動を行うまでになりました。

これらの社会奉仕活動を評価いただき、2008年春には国より緑綬褒章を受章しました。

六甲山系グリーンベルト整備事業では、鶴甲の森と五助の森で活動しています。

主な活動内容

育樹風景
育樹風景
林内の整理風景
林内の整理風景

活動地

神戸市灘区(愛称:鶴甲の森)

活動地

活動紹介


ページトップ


森の世話人活動支援事務局連絡先

06-4390-5104

06-4390-5601

メールでのご連絡