世界遺産を見に行こう! 和歌山河川国道事務所
和歌山わいわいサイト
リンク集 新着情報
事務所の紹介 道路事業 河川事業 楽しむ 知る・歴史 和歌山人 Kids
 
ホーム > 河川事業 > 紀の川の環境 > 環境調査速報

―平成20年度―

■紀の川大堰関連魚類調査・速報(5月)


1.調査実施内容

1 調査実施内容

調査実施日

自然ワンド

西田井ワンド

平成20年5月15日

 

平成20年5月16日

 


2.調査方法

ワンド内に生息する魚類を対象として、投網、タモ網、刺網、はえなわ、魚カゴ、カニカゴを用いて調査を行った。


3.調査結果

各ワンドにて確認された魚類の一覧を表2に示す。

●確認された魚類は、自然ワンドが5科13種、西田井ワンドが5科15種であった。

●昨年度調査(平成19年5月)では、自然ワンドにて6科16種が確認されている。昨年度の調査結果と比較すると、今回の調査ではハス、タモロコ、スジシマドジョウ中型種、などの確認ができなかったが、コイ、アユ、トウヨシノボリが新たに確認された。

●昨年度調査(平成19年5月)では、西田井ワンドにて5科13種が確認されている。昨年度の調査結果と比較すると、今回の調査ではタイリクバラタナゴ、ギギ、ナマズ、ウキゴリの確認ができなかったが、カワヒガイ、カマツカ、ニゴイ、メダカなどが新たに確認された。

●重要種としては、ハス、ツチフキ(ともに環境省:絶滅危惧U類)、カワヒガイ(環境省:準絶滅危惧)、メダカ(環境省:絶滅危惧U類、和歌山県:準絶滅危惧)の計4種が確認された。

●魚食性の外来魚は、ブルーギル、ブラックバスの2種が確認された。その他雑食性の外来魚としては、タイリクバラタナゴが確認された。


4.ワンドの風景

<自然ワンド>



<西田井ワンド>



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 ワンドで確認された魚類(5月)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.

科名

和名

生活型

重要種

外来種

自然ワンド

西田井ワンド

 

 

 

1

コイ

コイ

 

2

4

 

 

2

 

ゲンゴロウブナ

 

9

 

 

3

 

ギンブナ

34

20

 

 

4

 

タイリクバラタナゴ

 

6

 

 

5

 

ハス

 

2

 

 

6

 

オイカワ

 

37

24

 

 

7

 

モツゴ

 

11

33

 

 

8

 

カワヒガイ

 

 

1

 

 

9

 

タモロコ

 

6

 

 

10

 

カマツカ

 

2

 

 

11

ツチフキ

1

 

 

12

ニゴイ

 

 

7

 

 

13

コウライモロコ

 

 

26

118

 

 

スゴモロコ属

 

 

1

 

 

コイ科

97

3

 

 

14

アユ

アユ

8

2

 

 

15

メダカ

メダカ

 

3

1

 

 

16

サンフィッシュ 

ブルーギル

 

2

5

 

 

17

 

オオクチバス

 7

2

 

 

18

ハゼ

トウヨシノボリ

 

 2

24

 

 

合計個体数

245

255

 

 

合計種数

13

15

 

 

(生活型)  淡:純淡水魚  回:回遊魚  海:汽水・海水魚  -:生活型不明

 

 


5月 9月


このホームページについて
国土交通省近畿地方整備局 和歌山河川国道事務所