世界遺産を見に行こう! 和歌山河川国道事務所
和歌山わいわいサイト
リンク集 新着情報
事務所の紹介 道路事業 河川事業 楽しむ 知る・歴史 和歌山人 Kids
 
ホーム > 河川事業 > 紀の川の環境


4.陸上昆虫類
・表 注目種確認状況(昆虫類)
No. 種名 選定基準(注1) 確認位置 写真
1 2 3 汽水域 湛水域 流水域
1 キイロカワカゲロウ      
2 ムスジイトトンボ   NT    
3 ベニイトトンボ VU   NT      
4 オツネントンボ          
5 エゾエンマコオロギ     VU      
6 ハネナガイナゴ     NT    
7 ムモンミズカメムシ     SI      
8 イトアメンボ VU          
9 ハネナシアメンボ     NT      
10 エサキアメンボ NT   CR+EN        
11 ミズムシ NT          
12 オオアシナガサシガメ     NT      
13 シロヘリツチカメムシ NT          
14 ウシカメムシ   B        
15 ミナミアオカメムシ        
16 セアカオサムシ     VU      
17 キバナガミズギワゴミムシ     NT    
18 チクシトゲアリ   B        

(注1)選定基準
  1. レッドリスト 無脊椎動物編(環境庁,2000)
    VU:(絶滅危惧2類):絶滅の危機が増大している種
    NT:(準絶滅危惧):現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては、絶滅危惧に移行する可能性のある種
  2. 「第2回緑の国勢調査(第2回自然環境保全基礎調査)」(環境庁,1978)
    B:分布域が国内若干の地域に限定されている種
    C:普通種であっても、北限・南限など分布限界になると思われる種
    D:当該地域において絶滅の危機に瀕している種
  3. 「保全上重要なわかやまの自然−和歌山県レッドデータブック−」(2001)
    CR+EN(絶滅危惧1類):絶滅の危惧に瀕している種
    VU(絶滅危惧2類):絶滅の危機が増大してる種
    NT(準絶滅危惧):存続基盤が脆弱な種
    SI(学術的重要):現状においては絶滅の危険度は少ないが、学術的に価値に値する種




BACK



このホームページについて 
国土交通省近畿地方整備局 和歌山河川国道事務所