世界遺産を見に行こう! 和歌山河川国道事務所
和歌山わいわいサイト
リンク集 新着情報
事務所の紹介 道路事業 河川事業 楽しむ 知る・歴史 和歌山人 Kids
 
ホーム > 紀の川流域委員会ニュース

紀の川流域委員会NEWS!


第2回 紀の川流域委員会準備会議

日時: 平成13年2月22日(木)
国土交通省近畿地方整備局

1.開会〜2.前回会議の報告
 
1.開会
 
司会
   定刻となりましたので、これより第2回紀の川流域委員会準備会議を開催させていただきます。本日の司会進行をさせていただきます近畿地方整備局和歌山工事事務所副所長の上下でございます。どうぞよろしくお願いします。
 では、早速でございますが、お手元の資料確認をさせていただきます。「議事次第」「座席表」、そして「資料-1」から「資料-6」までございます。足らない方がございましたら、こちらまでご連絡ください。

 
2.前回会議の報告
 
司会
   では、準備会議の式次第に則りまして始めさせていただきたいと思います。
 まず最初に「資料-1前回会議の報告」を庶務からお願いします。

庶務
  庶務を担当しております和歌山工事事務所の調査第一課でございます。私は調査第一課長の和佐です。どうぞよろしくお願いします。
 「資料-1」のほうで説明させていただきます。
  1. 紀の川流域委員会準備会議について
    • 委員の審議の結果、規約は承認され、準備会議が成立されております。
  2. 議長の選出でございますが、
    • 準備会議の議長としまして、委員の互選により、立命館大学教授中川博次委員に決まっております。
  3. 準備会議の公開でございますが、
    • 会議は原則として全面公開とします。
    • 会議の傍聴対象者は制限しません。
    • 傍聴者数は施設の規模に応じて決定します。当面は、第1回準備会議の会場規模である100名程度で実施し、今後の傍聴希望者数により会場規模は決定いたします。
    • 会議の傍聴については、当日、会場の先着順としまして、事前申し込みは行わない。しかし、今後、傍聴希望者が多数の場合は、事前申し込みについても検討いたします。
    • 会議開催の案内は、記者クラブや和歌山工事事務所等のホームページを通じて行うものとします。
    • 委員の選定については非公開とするが、判断基準については公開します。
    • 会議資料の公開は、準備会議資料は原則公開とします。会議録は個人名等のプライバシーに関する部分以外の部分についてはすべて公開とします。
    • 会議資料・会議議事録等については、和歌山工事事務所等のホームページに掲載するほか、ニュースレター(小冊子)については費用負担にならない程度で会議骨子を取りまとめ、和歌山工事事務所や出先の出張所・流域市町村に配布できるように設置いたします。
    • 準備会議終了後に記者会見を行うものとし、一般傍聴者も傍聴できるようにいたします。
  4. 運営方針についてでございますが、
    • 紀の川流域委員会準備会議の運営方針(審議の進め方や公開方法等)は準備会議で決定するものとします。また、審議結果のとりまとめや会議内容の公表も準備会議が行うものとします。
    • 近畿地方整備局は河川管理者の立場で説明や意見の表明を行うことがあるが、審議には関与しないものとします。
    • 審議の過程で、一般住民から意見を聴取する必要が生じた場合は、議長の判断により聞く場合があります。
    • 会議内容等に関する意見については、郵送、FAX、電子メールにより受け付けを行います。受け付けた意見については、議長が審議内容にするかを判断いたします。
  5. 委員会委員の選定についてでございますが、
    • 大学や研究機関等の研究者(経験者を含む)に限定しません。
    • 居住地は限定しません。
    • 考慮する専門分野は、治水(治山・砂防、洪水(洪水防御)、高潮・津波、河床変動、河川工学、防災・危機管理)、利水(水資源、農業関係、漁業関係、親水、水道原水)、環境(魚介類、底生動物、植物、鳥類、両生類・爬虫類・哺乳類、陸上昆虫類、水質)、人文(法律、経済、水文化、教育)、その他(地域、まちづくり、マスコミ、NPO、住民団体、自然保護団体)とします。
    • 部会については、紀の川流域委員会において議論し、決定するものとします。
    • 委員会の規模は20名程度といたします。
    • 選出方法は、治水・利水・環境・人文については、主として紀の川流域委員会準備会議委員からの推薦、河川管理者からの推薦によるものとし、それ以外の分野については、主として一般から公募(自薦、他薦を問わず)によるものとします。
    • 一般公募の際、所属する団体や個人の紀の川流域における活動状況や活動実績等の提出を求めます。一般公募の対象は、主に治水・利水・環境・人文以外の広い分野で紀の川に関心のある方を募集いたします。
    • 公募の締め切りは委員候補選定の審議を行う10日前までとします。
    • 公募の一般への周知方法は和歌山県・奈良県内を対象とした新聞告知、ホームページでの公開によるものといたします。
  6. 今後のスケジュールについてでございますが、
    • 第2回準備会議は2月20日以降に開催するといたしまして、本日の開催となっております。
    • 第2回準備会議では、委員候補の選定を行います。ただし、選定の審議の部分は非公開といたします。
    • 第2回準備会議等の資料作成については、別途、議長の指示を仰ぐものとする。
 以上、第1回の準備会議の審議内容でございます。以上でございます。


| ←BACK | | TOP | | INDEX | | NEXT→ |

このホームページについて 
国土交通省近畿地方整備局 和歌山河川国道事務所