淀川河川事務所

昭和36年(1961年)第二室戸台風

この台風は9年の室戸台風に近いもので大阪湾における最高潮位はOP+4.12m、最大偏差2.45mに達した。

高汐継続時間は(高汐警報基準値3.20mを越えた時間)1時間40分で大阪市内の浸水面積は31平方kmであった。

室戸、ジェーン台風による高汐被害と今回を比較して見る時、人的・船舶被害が殆どなかった事は特筆される。これは、防汐施設の完成、予報の精度と各行政機関の迅速適切な措置によるものであった。

被害の写真

ご覧になりたい写真をクリックすると拡大画像がご覧頂けます。

宇治市六地蔵

宇治市六地蔵

宇治市五ケ庄

伝法線より上流部

伝法線

第二阪神国道より伝法線

阪神伝法線

第二阪神国道より下流

ページトップへ