淀川河川事務所

2017.7.18

天然記念物“イタセンパラ” 調査開始以来 最多!~淀川での野生復帰の取り組み~

○淀川河川事務所では、淀川水系で野生絶滅に近い状態に陥っているイタセンパラ(国指定の天然記念物、国内希少野生動植物種)の野生での定着を目指し、大阪府立環境農林水産総合研究所と共同で取り組んでおり、今年度もイタセンパラの稚魚の確認調査を行いました。

城北地区で、8,888 個体(対前年 15.4 倍、平成 6 年の調査開始以来最多)のイタセンパラの稚魚を確認しました。これらは、平成 25 年 10 月に放流してから毎年繁殖を繰り返した結果誕生した第五世代目と考えられます。

記者説明会を開催します
○学識経験者等で構成される淀川イタセンパラ検討会から今回の調査結果の説明を行います。
開催場所:近畿地方整備局 第1別館 3階 304会議室
(住所 大阪市中央区大手前大手前 1-5-44 大阪合同庁舎内)
開催日時:平成 29 年 7 月 12 日(水)15:00 より

パトロールについて
○平成 29 年 7 月 15 日(土)に実施する「淀川わんどクリーン大作戦」に合わせて、密漁対策として大阪府警旭警察署の協力のもと「城北わんどイタセンパラ協議会」(事務局:環境省近畿地方環境事務所)がパトロールを実施します。

淀川での野生復帰の取り組み

ページトップへ