淀川河川事務所

2017.9.12

淀川枚方船着場からにぎわいづくり~船着場看板の除幕式を行いました~

淀川河川事務所では、災害時の物資等の輸送に使用する緊急船着場の整備を進めており、合わせて、災害等における施設の円滑な活用や地域活性化等にも資する、緊急船着場の平常時利用の取り組みを進めています。

淀川では、天満橋・枚方間において民間事業者による定期運航が開始されるなど舟運が盛り上がっており、船着場の認知度向上を目的に新しく看板を設置しました。

9月10日(日)に、定期運航の第一便が到着したのち、乗船客にも参加いただき、看板の除幕式を開催しました。会場では、枚方ジャズメッセンジャーズの演奏が流れ、また、「出張 淀川資料館」として、くらわんか船の模型や大塚切れ100年のパネルの展示も行いました。

枚方船着場 看板除幕式 の開催報告

ページトップへ