国土交通省 近畿地方整備局 淀川ダム統合管理事務所

HOME統合管理の流れ情報収集>レーダー雨量計

統合管理の流れ

■情報収集

レーダー雨量計

レーダー雨量計システム

このシステムは、レーダー特性を利用して上空での雨量を観測するもので、 昭和57年に深山レーダーが、さらに平成4年からは、城ヶ森山レーダーがそれぞれ稼働しています。


■レーダーによる雨量観測イメージ

レーダーによる雨量観測イメージ

■観測半径の設定イメージ

観測半径の設定イメージ

■観測画面の一例


観測画面の一例
(左)CAPPI(一辺360km、メッシュサイズ12km)
(中)西日本 (一辺1200km、メッシュサイズ24km)
(右)近畿広域 (一辺600km、メッシュサイズ12km)


■Cバンドレーダー雨量計観測所


深山レーダー雨量計観測所   城ヶ森山レーダー雨量計観測所
深山レーダー雨量計観測所   城ヶ森山レーダー雨量計観測所
レーダ雨量計(Cバンド)整備状況

■Xバンドレーダー雨量計観測所


レーダ雨量計(Xバンド)整備状況
国土交通省 近畿地方整備局 淀川ダム統合管理事務所
〒573-0166 大阪府枚方市山田池北町10番1号
TEL072-856-3131 メールアドレスyododamu@kkr.mlit.go.jp
プライバシーポリシーサイトマップ淀川ダム管理事務所ホーム