国土交通省 近畿地方整備局 淀川ダム統合管理事務所

HOME >大石地区における環境保全の取り組み >第1回『みんなで創る!大石かわべ物語』を開催しました

第1回『みんなで創る!大石かわべ物語』を開催しました

 平成25年5月26日(日)、滋賀県大津市の大石地区にて、自然観察会をはじめとした多彩な催しを開催しました。当日は、快晴の中、総勢160名(スタッフ、指導員含む)もの方に参加いただき、小さなお子様からお年寄りまでが、交流を深めることができました。

 淀川ダム統合管理事務所では、新たなダム管理の取り組みとして、平成23年度より、大石地区の環境保全を住民の皆様と共に進めることを目的に、NPOや地元の皆様方との協働により、水生生物調査や自然観察会などを実施してまいりました。
 今回は、瀬田川や大石川を身近に感じていただくことを目的のひとつとしまして、環境保全の核となるイベント「自然観察・野鳥観察」を中心に、地元の方々やNPOの皆さんが行うミニイベントと組み合わせた内容とし、結果、たくさんの方にご参加をいただくことが出来ました。

 「自然観察・野鳥観察」では、33名(スタッフ、指導員含む)の方に参加いただき、大石川合流部から瀬田川のヤナギ林までを歩いて観察して頂きました。
 今回は、コムラサキなどの貴重な植物が見られた一方、アレチウリなどの特定外来種がたくさん侵入していることもわかりました。植物以外にも大石川の水辺にはヌマガエルや小魚、オギ原にはカヤネズミの巣が確認できたほか、瀬田川の対岸には大きな川鵜のコロニーがあり、川鵜の観察ができました。
 また、当日の「川辺の環境保全のおはなし」で紹介させて頂きましたが、平成24年度の河道整備工事では環境保全の取り組みとして盛土材の表土に在来種のオギを移植しています。
 今回、これらの場所においてオギやヨシ等、いろいろな植物が生えてきていることも確認ができました。

 今後も、大石地区の豊かな自然を将来に残していくための取り組みのひとつとして、春の恒例行事として続けていけるようなイベントにしていきたいと考えております。

 最後になりますが、今回は初めての試みとして、準備期間も非常に短い中で、広報、参加団体の紹介、準備物のご提供など、温かいご支援とご協力をいただきました。この場をお借りして多くの皆様に感謝し、御礼を申し上げます。

(主催:国土交通省 淀川ダム統合管理事務所、NPO法人瀬田川リバプレ隊)
(共催:大石学区自治連合会、大津市大石支所)
(協力:大石小学校、滋賀自然環境研究会、ヨシネットワーク、琵琶湖河川レンジャー、太神カントリーメイツ、(財)大津市公園緑地会大石スポーツ緑地村)


当日の様子

たくさんのご来場、ありがとうございます!


たくさんのご来場、ありがとうございます!

大石学区自治連合会長よりご挨拶


大石学区自治連合会長よりご挨拶

つづいて、川辺の環境保全のおはなしです


つづいて、川辺の環境保全のおはなしです

珍しい植物を発見!


珍しい植物を発見!

巣の中に、カヤネズミはいましたか?


巣の中に、カヤネズミはいましたか?

お抹茶で、ほっこり出来ました


お抹茶で、ほっこり出来ました

できあがりは、かわいいペン立てです


できあがりは、かわいいペン立てです

できあがりは、かわいいフォトフレームです


できあがりは、かわいいフォトフレームです

水草堆肥・花の種をプレゼント!
 


水草堆肥・花の種をプレゼント!

淀川ダム統合管理事務所長よりご挨拶


淀川ダム統合管理事務所長よりご挨拶

よさこい踊りで、会場はヒートアップ!


よさこい踊りで、会場はヒートアップ!

いよいよ観察会がスタート (工事後の状況)


いよいよ観察会がスタート (工事後の状況)

子供たちも、先生の話に真剣です!


子供たちも、先生の話に真剣です!

対岸のカワウの巣も観察


対岸のカワウの巣も観察

木工工作で何ができるかな?


木工工作で何ができるかな?

ヨシ教室では何ができるかな?


ヨシ教室では何ができるかな?

青空の下、素敵なカントリー音楽でした


青空の下、素敵なカントリー音楽でした

最後は瀬田川リバプレ隊に
まとめていただきました


最後は瀬田川リバプレ隊にまとめていただきました

国土交通省 近畿地方整備局 淀川ダム統合管理事務所
〒573-0166 大阪府枚方市山田池北町10番1号
TEL072-856-3131 メールアドレス
プライバシーポリシーサイトマップ淀川ダム管理事務所ホーム