国土交通省 近畿地方整備局 淀川ダム統合管理事務所

HOME淀川を知る>淀川の利水

淀川を知る

■淀川の利水

渇水から生活を守る
 淀川水系は、琵琶湖流域が融雪期、桂川流域が梅雨期、また木津川流域が台風期に流出量が多いというそれぞれ異なった気象特性により、本川の流況は比較的に安定しています。このため、昔から水利用が盛んに行われており、琵琶湖疎水(1980年完成)を利用した蹴上発電所は、日本で最初の水力発電所として有名です。

 しかしながら、1984年、1994年の記録的な渇水時には、長期に渡る取水制限をもたらし、私たちの日常生活に大きなダメージを与えました。
 このような渇水による被害から暮らしを守るためにも、ダム建設の整備が進められています。
なお、図中の数値は、主要地点での水の利用量を示しています。

ダムの位置と主要地点での水の利用量

国土交通省 近畿地方整備局 淀川ダム統合管理事務所
〒573-0166 大阪府枚方市山田池北町10番1号
TEL072-856-3131 メールアドレスyododamu@kkr.mlit.go.jp
プライバシーポリシーサイトマップ淀川ダム管理事務所ホーム