国土交通省 近畿地方整備局

国土交通省 近畿地方整備局

  • 文字のサイズ

近畿歴史まちづくりサミット

サミットin湯浅のイメージ画像
平成30年11月24日(土)、和歌山県湯浅町において、「近畿歴史まちづくりサミット in 湯浅」を開催しました。

本サミットは、近畿地方における歴史的風致維持向上計画の認定都市や歴史まちづくりに熱心に取り組んでいる都市の関係者が一堂に会し、歴史文化資産の宝庫近畿地方における歴史まちづくりの機運を高めることを目的として、4年前、京都市を皮切りにスタートしました。4回目となる今回は、地元湯浅町をはじめ、各地から約200名の方々が来場されました。
  • サミット
  • サミット
サミット
サミットの冒頭、主催者の湯浅町長と近畿地方整備局建政部長(局長代理)から開会挨拶があり、続いて、和歌山県振興局長をはじめとする来賓の方々にご挨拶いただきました。

次に、湯浅町の観光アドバーザーである大阪芸術大学里中教授(マンガ家)から、「歴史まちづくりによる観光振興の展望」と題して、湯浅町のまちづくりや歴史文化を説明していただきました。

その後、京都産業大学 脇浜教授をコーディネーターに、歴史やまちづくりの専門家をパネリストとして迎え、「歴史的なまちなみで日本ならではの体験を」をテーマにパネルディスカッションを行いました。パネルディスカッションでは、それぞれの都市の歴史、文化、伝統を活かしたまちづくりに関する取組や今後の展望を見ていただき、まちの個性や魅力を引き出すために、全国で注目されている高校生のパワーを活かすなど、次の一手としてどの様なことに取り組むべきか活発な議論が行われました
  • サミット
  • サミット
続いて、歴まち認定都市の魅力をPRするために作成した「歴史まちづくりカード」のお披露目を行った後、湯浅町、京都府向日市、大阪府堺市の首長等による三都市対談を行いました。対談では、各都市の歴史・文化資源、伝統的な名品・名産の紹介を行うとともに、「歴史まちづくりカード」をきっかけに、歴まち都市の連携を深めていきたいとの意欲を述べられました。 最後に、来年度開催地の堺市・副市長から挨拶をいただき、惜しまれながらサミットは閉会となりました。
 
近畿地方整備局では、今後とも各都市と力を合わせて、歴史まちづくりの発展・推進に努めて参りたいと思います。


< サミット概要 >
 < サミット資料 >