国土交通省 近畿地方整備局

国土交通省 近畿地方整備局

  • 文字のサイズ

情報化施工について

情報化施工は、建設事業の調査、設計、施工、監督・検査、維持管理という建設生産プロセスのうち「施工」に注目して、ICTの活用により各プロセスから得られる電子情報を活用して高効率・高精度な施工を実現し、さらに施工で得られる電子情報を他のプロセスに活用することによって、建設生産プロセス全体における生産性の向上や品質の確保を図ることを目的としたシステムです。


情報化施工推進会議について【国土交通本省HP】

情報化施工技術活用工事の登録について(近畿地方整備局)

ICT施工近畿(近畿地方整備局 情報化施工広報誌)

情報化施工の施工管理要領について

施工管理要領 内容
 1.TSを用いた出来形管理要領(土工編) H24.03 道路、河川土工における現行の出来形管理方法(巻尺、レベル、トランシット等)に加えて、トータルステーションを用いた出来形管理手法を定めたものです。
2. TSを用いた出来形管理の監督・検査要領(河川土工編) H24.03  河川土工におけるトータルステーションを用いた監督・検査手法を定めたものです。
 3.TSを用いた出来形管理の監督・検査要領(道路土工編) H24.03  道路土工におけるトータルステーションを用いた監督・検査手法を定めたものです。
 4.TSを用いた出来形管理要領(舗装工事編) H24.03 舗装工事における現行の出来形管理方法(巻尺、レベル、トランシット等)に加えて、トータルステーションを用いた出来形管理手法を定めたものです。
 5.TSを用いた出来形管理の監督・検査要領(舗装工事編) H24.03 舗装工事におけるトータルステーションを用いた監督・検査手法を定めたものです。
 6.TS・GNSSを用いた盛土の締固め管理要領 H24.03  盛土の締固めにおける現行の締固め管理方法(砂置換法、RI計法)に加えて、トータルステーション・GNSSを用いた盛土の施工管理手法を定めたものです。
 7.TS・GNSSを用いた盛土の締固めの監督・検査要領 H24.03  盛土の締固めにおける、トータルステーション・GNSSを用いた盛土の監督・検査手法を定めたものです。

手引書、現場対応集について【近畿技術事務所HP】