近畿 道の駅

北はりまエコミュージアム [ Kitaharima Eco-Museum ]

ようこそ 北はりま田園空間博物館へ

当駅は、北播磨地域の西脇市・多可町が広域連携して取り組んでいる「北はりま田園空間博物館(地域まるごと博物館)」の玄関口となる総合案内所で、地域の豊かな自然や歴史文化、伝統産業など有形無形の地域情報を展示・紹介する施設です。
路線名 国道175号
所在地 兵庫県西脇市寺内517-1
TEL 0795-25-2651
FAX 0795-22-2123
開設時間 【総合案内所・特産品販売コーナー】
9:00~19:00(3月~10月)、9:00~18:00(11月~2月)
※現在は、コロナウイルス感染症対策として、当面の間18時までの営業となります。
【レストラン】
11:00~15:00(平日)、11:00~17:00(土日祝日)
※現在は、コロナウイルス感染症対策として、当面の間土日祝日も15時までの営業となります。
※トイレ、駐車場は24時間利用できます。
駅長名 篠原 秀明
設置者 西脇市

施設

    • 駐車場
    • 53台 [大型車3台/普通車50台]
    • トイレ
    • 11基(男性6基、女性4基、身障者用1基)、オストメイト1基、ベビーベッド1台
    • 障害者用施設
    • 駐車場2台、多目的トイレ1箇所(身障者用トイレ1基、オストメイト1基、ベビーベッド1台あり)
    • レストラン
    • レストラン「たにし」 地域食材を使った郷土豊かな北播磨の食をお楽しみください
    • 軽食
    • なし
    • 無線LAN
    • Free Wi-Fi完備
    • EV充電器
    • EV充電器(普通・急速各1器)
    • 防災設備
    • 防災倉庫なし
    • 店舗・売店
    • 【特産品販売コーナー】 北播磨自慢の特産品を多数展示販売しています。

アクセス

道の駅アクセス情報(当駅まで)
  1. 【お車で】 中国自動車道滝野社ICから西脇方面、国道175号線を北へ10km
    北近畿豊岡自動車道春日和田山線道路氷上ICから西脇方面、国道175号線を南へ約20km
  2.  【電車で】 JR日本へそ公園駅から徒歩で約2km

インフォメーション

   
   
ボランティアガイドによる、地域観光・特産品情報の提供、外国人観光者に向けた電話通訳サービスの提供

ひとあしのばせば

天神池スポーツセンター
(道の駅に隣接)
センター内には、体育館や温水プールのほか、公園・こどもの森があり、ゆったりした休憩時間が過ごせます。
代アートを展示する岡之山美術館に加え、全長220mmのジャンボすべり台やふわふわドームなど、大人からこどもまで1日中遊べる公園です。



日本へそ公園
(車で3分)
東経135度北緯35度の交点にある公園で、園内には「日本のへそ」である交点を示すモニュメントや天体観測が楽しめる経緯度地球科学館(テラ・ドーム)、近代アートを展示する岡之山美術館に加え、全長220mmのジャンボすべり台やふわふわドームなど、大人からこどもまで1日中遊べる公園です。
    
日本のへそ日時計の丘オートキャンプ場
(車で10分)
自然豊かな黒田庄の谷あいに位置する日本オートキャンプ協会5つ星認定のオートキャンプ場です。60サイトのオートキャンプ場をはじめ、ロッジ・テラスバーベキューができるコテージといった宿泊施設のほか、黒田庄和牛を味わうことできる農家レストランやグラウンドゴルフ場もあります。
  
 
西林寺・あじさい園
(車で3分)
3,000株の花が咲き乱れる北播磨最大級のあじさい園で、品種は日本あじさいが中心。
春の桜、秋の紅葉も有名で遠方からの来訪者も多い。

 

旧来住(きし)家住宅
(車で6分)
中心市街地の観光拠点となっている施設で、母屋・離れ・客湯殿が国登録有形文化財に指定されています。敷地内では播州織製品の販売のほか、オーダーメードでシャツを作ることができる「西脇情報未来館21」やコミュニティレストラン「梅吉亭」があります。

   

 播州織工房館
(車で6分)
中心市街地の路地にある、のこぎり屋根が特徴の、かつての播州織の工場跡地を活用した工房&アンテナショップです。日曜日には大型織機での実演も実施しています。
 

コヤノ美術館 西脇館
(車で15分)
旧国鉄鍛冶屋線建設に私財を投じた豪農の藤井滋吉邸を再生した「コヤノ美術館 西脇館」(※開館は土日のみ)。約3,000㎡の敷地に、明治23年に建築された母屋、大正期のモダンな洋館、昭和初期の宮大工が経てた客棟などすべての建物は国登録有形文化財です。
 また冬季は予約制で「ナイトミュージアム」も開催しています。