世界遺産を見に行こう! 和歌山河川国道事務所
和歌山わいわいサイト
リンク集 新着情報
事務所の紹介 道路事業 河川事業 楽しむ 知る・歴史 和歌山人 Kids
 
ホーム > 紀の川流域委員会ニュース

紀の川流域委員会NEWS!

第7回
紀の川流域委員会
H14.3.2
参考資料-2


● 一般からの意見、要望
NO. 発言者
所属等
意見・要望等 聴取媒体 備考
1 橿原市
奥井満雄
 別紙-1(1234 郵送  
2 ダムと治水を考える研究者グループ
大阪府立大学 高津正秀
(紀伊丹生川ダム建設を考える会会員)
 別紙-2 電子
メール
 
3 有限会社
ダイワプランニング
国友勝昭
タバコ汚染は煙だけではありません。
禁煙運動の高まる中、喫煙者は一向に減りません。
駅、スーパー等の喫煙コーナーで、もくもくと煙の出ている光景をよく目にします。
消しきれなかった、タバコの火が、既に捨てられた吸殻に燃え移ったと思われます。
燃え移らなくする為に、灰皿に水を入れ、其処にタバコを投げ捨てているのが現状です。
タバコの火を消すには最適な方法かと思います。
しかし、灰皿の中の吸殻、ニコチン、タール等を含んだ汚水はどのように処理されているのでしょうか? まさか垂れ流し、もし、垂れ流しであれば、生命体の源たる、水体系に何らかのリスクを生じる可能性が考えられます。
また、吸殻と汚水に分別して、こまめ処理しなければなりません。処理するのに、、膨大な経費を費やしていると思われます。以上の思いから、環境に配慮したスモーキングスタンド(灰皿)を開発し成功しました。 特許出願中
水質汚濁、削減と経費削減に水を使わずして、一発消火の灰皿です。
何とぞ、ご検討して頂き、灰皿の見直しをよろしくお願い申し上げます。
詳細はホームページ http://www6.ocn.ne.jp/~daiwapl/ を開いて
VTRの紹介をクリックしてご覧下さい。(動画で説明しています)
電子
メール
 


| ←BACK | | TOP | | INDEX |  


このホームページについて 
国土交通省近畿地方整備局 和歌山河川国道事務所