Q3-14. 居住者が夜中に騒音を出し迷惑を被っている。管理会社から再三にわたり注意しているが、なかなか改善されない。改善されるまでは、管理会社が注意をすべきではないか。

A3-14:

マンション標準管理委託契約書では、管理会社は、管理事務を行うため必要なときは、法令、管理規約又は使用細則に違反する行為、建物の保存に有害な行為、管理事務の適正な遂行に著しく有害な行為、居住者の共同の利益に反する行為のほか、共同生活秩序を乱す行為を、管理組合に代わって行為の中止を求めることが出来ると定めています。

但し、中止を求めても、なお居住者がその行為を中止しないときは、管理会社はその責めを免れるものとし、その後の中止要求は管理組合が行うものとしています。