Q3-8. 駐車料金が無料であり、修繕積立金も非常に低額である。将来何か問題はないのか。

A3-8:

修繕積立金が異常に低額であれば、今後長期修繕計画を見直す際に、修繕積立金不足により、修繕積立金の値上げや、大規模修繕工事の際に一時金等の負担がかかることになります。

なお、マンション標準管理規約では、駐車場使用料その他の使用料は、管理の費用に充てるほか、修繕積立金として積み立てることになっています。どのようにするかは管理組合の判断になりますが、駐車料金を修繕積立金に充てて、修繕積立金の値上げや一時金の額を低く抑えるのも一つの方法です。