福利厚生・キャリア支援

育児・介護のためのさまざまな支援制度

ライフススタイルにあわせて活用可能な支援制度が充実しています

育児
産前産後休暇
[概要]
産前6週間、産後8週間の休暇。
[手当]
●共済掛金金額免除
●出産費の支給(46万円)
  • 付加給付4万円含む。(上記の付加給付額は国交省の場合です)
育児時間
[概要]
1日の勤務時間の一部(2時間まで)を勤務しないことが可能。
[対象]
小学校就学前の子どもを養育する職員。
育児休業
[概要]
配偶者の就業等に関わらず、3歳に達するまで取得可能。
[手当]
●育児休業手当金 (最長で子が1歳6ヶ月に達するまで)
育児短時間勤務
[概要]
勤務時間を1日3時間55分(週19時間35分)等に短縮することが可能。
[対象]
小学校就学前の子どもを養育する職員。
子の看護休暇
[概要]
看護のために年5日、取得可能。 (子が2人以上の場合は年10日)
[対象]
小学校就学前の子どもを養育する職員。

育児・介護休業法(略称)では子が1歳未満(最長1歳6ヶ月)までとされていますが、国家公務員の場合は子が3歳まで育児休業が取得できることになっています。
(国家公務員の育児休業等に関する法律)



支援制度を活用した例

Aさんの場合

<勤務時間>8:00〜14:45(昼休み 12:00〜13:00)

妊娠

産前休暇
(6週間)

出産

産後休暇
(8週間)

育児休業
(1年活用)

1歳

育児時間
早出・遅出勤務

6歳
  • 1日の勤務時間の一部を短縮(最大2時間まで)
Bさんの場合

<勤務時間>8:00〜14:45(昼休み 12:00〜13:00)

妊娠

産前休暇
(6週間)

出産

産後休暇
(8週間)

育児休業
(3年を上限)

1歳

休憩時間短縮
早出・遅出勤務

6歳
  • 昼休みの時間を短縮(最大30分まで)
  • 始業、終業時間を繰上げ、繰下げして勤務
  • 小学校就学前の子どもが体調を崩したら、「子の看護休暇」を取得して看護(年5日間)


育児・介護
早出・遅出勤務
[概要]
始業・終業時刻を繰上げ、又は繰下げて勤務することが可能。
フレックスタイム制
[概要]
総勤務時間数を変えずに、日ごとの勤務時間数・勤務時間帯を変更可能。
休憩時間の短縮
[概要]
育児や介護のために、職場にいる時間を短縮することが可能。


支援制度を活用した例

入院

短期介護休暇
(5日間)

フレックスタイム制
(4週間)

  • 単位時間(1〜4週)における総勤務時間を変えずに、日ごとの勤務時間数・勤務時間帯を変更して勤務

退院

介護休暇
(半年活用)

介護時間
フレックスタイム制

  • 1日の勤務時間の一部を短縮(最大2時間まで)


支援制度を活用した職員の声

産前産後休暇と育児休業取りました。

産前産後休暇と育児休業を取りました。復帰後に利用したのは育児時間という制度。これはすごく使いやすかったです。30分単位で勤務時間を調整できるんです。

もちろん職場のフォローがないと難しいところがあったので、私が無理なく仕事ができるようにみなさんが仕事の配分を考慮して割り振ってくれていたと思います。

南嵜 さくら

南嵜 さくら

企画部 技術調査課
労働資材係長

妻とともに育児休業取りました。

妻は同期で、現在1年間の育児休業中です。私も出産にともなって1ヶ月の育児休業を取りました。復帰してから困ることは特になかったですね。

妻の育児休業が明けるタイミングでもう一度取ろうと思っています。育児休業を取ってよかったですね。日々成長し、表情が変わる子どもを見られますから。

大石 直輝

大石 直輝

足羽川ダム工事事務所 調査設計課
調査係長