第一次大極殿院南門復原整備工事

南門とは…

南門は、第一次大極殿院の正門であり、儀式の際には、天皇が出御することもありました。入母屋造の二重門に復原され、間口約22.1m、奥行約8.8m、高さ約20.0mと、朱雀門よりやや小さな礎石立ちの建物です。

南門正面画像

第一次大極殿院南門復原イメージ

■南門復原整備工事の概要

工期   :2017年11月~2022年3月
構造   :木造 五間三戸二重門(ごけんさんこにじゅうもん)
建築面積 :449.81㎡
延べ面積 :195.68㎡
最高の高さ:20.00m
軒の高さ :14.14m

■主な仕上げ

基 壇:流紋岩質溶結凝灰岩
   (りゅうもんがんしつようけつぎょうかいがん)
   (黄竜山石(きたつやまいし))
礎 石:花崗岩(かこうがん)
塗 装:丹土(につち)・胡粉(ごふん)・緑青塗(ろくしょうぬり)
土 壁:漆喰塗(しっくいぬり)
屋 根:本瓦葺(ほんかわらぶき)
錺金物:銅・青銅・金メッキ・金箔押し

■南門建物全体工程の概要

南門建物全体工程の概要図

■現在の様子

二重地垂木の現在の様子を写した写真 令和2年3月26日 二重地垂木

■組立工程記録

組立工程記録の写真

特別公開

現在、特別公開の予定はございません

第二回特別公開 2019.10.26(土)~27(日)

第一回特別公開 2019.5.25(土)~26(日)

記念セレモニー 2019.5.19(日)

関連資料

●PDFファイルの閲覧にはAdobe社AcrobatRadarが必要です。こちらより無償でダウンロードできます。