建設副産物・建設リサイクルとは?

 
建設副産物とは
  建設副産物とは、建設発生土など建設工事に伴い副次的に得られる物品の

総称です。 具体的には、建設現場に持ち込んで加工した資材の残りや、現場

内で発生した物の中で工事中あるいは工事終了後その現場内では 使用の見

込みがないものをいいます。例えば、コンクリート塊、アスファルト・コンクリート

塊などがそれにあたります。
コンクリート塊
コンクリート塊
建設リサイクルとは
  「建設リサイクル」とは、建設副産物の発生を抑制するとともに、リサイクルの

徹底を図り、可能な限り新材の使用量を減らすことに努め、 副産物の最終処分

量ゼロを目指すことで、建設資源の省資源化及び循環利用を推進することを基

本目標とする概念です。

 
  当協議会では、近畿地方における「建設リサイクル」の取り組みを進め、

「建設副産物」の有効な利用を図るため、 様々な施策の検討を行っています。
地球

 

トピックス記者発表資料建設副産物について
建設副産物実態調査について協議会について関連ホームページへのリンク