事業紹介PROJECT

  1. HOME
  2. 事業紹介
  3. 国道24号城陽井手木津川バイパス

木津川右岸地域の交通課題の改善及びネットワークの強化

国道24号
城陽井手木津川バイパス

城陽井手木津川バイパスは、京都府南部木津川右岸地域の国道24号における、交通混雑の緩和及び交通安全の確保、また災害時の道路ネットワーク強化を図り、地域振興の支援を目的とする延長11.2kmの事業です。

  • 整備効果01
  • 整備効果02

交通混雑の緩和&交通安全の確保

国道24号では交通量が交通容量を超過しており、交通混雑が発生しています。また、事故危険箇所が点在し交通の安全性に課題があります。城陽井手木津川バイパスの整備により、国道24号の交通が転換し交通混雑の緩和が図られ、交通事故の減少が期待されます。

  • 整備効果

災害時の道路ネットワーク強化

国道24号は木津川右岸地域で防災拠点をつなぐ唯一の緊急輸送道路ですが、木津川や支流が氾濫した場合、浸水し通行不能となる可能性があります。城陽井手木津川バイパスは浸水想定区域を回避する道路ネットワークとして災害時の交通機能を確保し、救援活動・物資輸送に寄与します。

  • 整備効果

地域振興の支援

国道24号沿線では、東部丘陵地区や関西文化学術研究都市木津地区など多数の地域開発が展開されています。城陽井手木津川バイパスは開発地区や城陽SIC(仮称)へのアクセス道路として機能し、地域振興を支援します。

位置図 標準断面図

  • 城陽井手木津川バイパスマップ

計画諸元 事業経緯

  • 計画緒元

  • 事業緒元

パンフレット

BACK TO TOP