六甲SABO
HOME > コミュニケーション活動 > 市民・企業による森づくり > 「森の世話人」活動紹介(フォレスター松寿)

「森の世話人」活動紹介

「森の世話人」として、活動している団体を紹介しています。

パナソニック電工松寿会阪神地区・フォレスター松寿

集合写真  

団体の概要

六甲山での「松寿の森」づくりを進める為に、出身企業(旧パナソニック電工(株)現パナソニック(株))のOB会「松寿会」の阪神地区会員主体のボランティア団体「フォレスター松寿」を2009年10月に設立し、同年12月に活動を始めた森の世話人ボランティア活動団体です。
年間13回程度、雑草木の開伐作業と植樹地整備及び植樹・育樹や登山道・遊歩道整備活動等を行っております。

「人をつなぐ・地域につなぐ・次世代につなげる」を活動理念とし、「愉しく、安全第一!」をスローガンに活動しております。
お陰さまで、この防災に役立ち且つ地元市民の憩いの森づくり活動の輪も地元大学や地域住民等々に拡がり、年間延べ活動参加者の半数以上が会員以外となって参りました。

主な活動内容

林内の整理風景
活動地風景
植樹風景
植樹風景

活動地

神戸市東灘区(愛称:松寿の森)

活動地

活動紹介

ページトップ


森の世話人活動支援事務局連絡先

06-4390-5104

06-4390-5601

メールでのご連絡