滋賀国道事務所 滋賀国道事務所TOPへ
ホーム > 事務所のとりくみ > この道が滋賀の未来をつくる > 国道1号

国道1号

1号 水口道路 L=11.0km 甲賀(こうか)土山(つちやま)大野(おおの)湖南(こなん)岩根(いわね)

 国道1号の交通混雑の緩和、交通安全の確保、物流の効率化を支援することを目的とした4車線のバイパス及び2車線から4車線に拡幅する事業で、昭和41年度に事業着手しました。
  平成28年3月に2工区の3.5km の4車線化が完成し、全体で9.3km が4車線化完了、1.7km が2車線となっています。
 平成28年度は、昨年度からの継続工事を実施するとともに、3工区の調査設計を推進します。


水口道路


道路規格 ・・第3種第1級
設計速度 ・・80Km/h
事業化 ・・昭和41年度
開通延長 ・・9.3km・4/4車線
  ・・1.7km・2/4車線
【代表断面図】
断面図

 




1号 栗東水口道路U L=6.9km 湖南(こなん)岩根(いわね)湖南(こなん)石部(いしべ)

 国道1号の交通混雑の緩和、交通安全の確保、物流の効率化を支援することを目的とした4車線のバイパス事業で、平成12年度に事業着手しました。
 平成20年3月に湖南市岩根から湖南市菩提寺までの6.2km、平成28年3月に残り0.7kmを2車線で全線開通しました。
 平成28年度は、調査設計を推進します。


栗東水口道路2


道路規格 ・・第3種第1級
設計速度 ・・80km/h
事業化 ・・平成12年度
開通済延長 ・・6.9km・2/4車線(本線)
・・0.7km・2/2車線(側道)
【代表断面図】
断面図

 




1号 栗東水口道路T L=4.3km  湖南(こなん)石部(いしべ)栗東(りっとう)上砥山(かみとやま)

 国道1号の交通混雑の緩和、交通安全の確保、物流の効率化を支援することを目的とした4車線のバイパス事業で、平成元年度に事業着手しました。
 名神高速道路との接続部(栗東湖南(りっとうこなん)IC)を含む(主)上砥山上鈎(かみとやまかみまがり)線までのT期区間3.4kmを平成28年3月に2車線で開通しました。
 平成28年度は、昨年度の残工事を実施するとともに、残る0.9kmの調査設計を推進します。


道路規格 ・・第3種第1級
設計速度 ・・80km/h
事業化 ・・平成元年度
開通延長 ・・3.4km・2/4車線
【代表断面図】
断面図


栗東水口道路1




国道8号へ>>



ページのTOPへ戻る