淀川河川事務所

委員会について

淀川管内河川保全利用委員会とは

今後の淀川水系における河川整備の内容を示す『淀川水系河川整備計画基礎案(平成16年5月8日)』では、河川の利用は、『自由使用の原則のもと、環境教育を推進する場という観点等も含めて、「川でなければできない利用、川に活かされた利用」を基本とする。また、利用者の理解を得ながら「河川環境を損なう利用の是正」を図る。』とされています。

また河川敷の利用については、『グランド、ゴルフ場等のスポーツ施設のように、本来河川敷以外で利用する施設については、縮小していくことを基本とする。』とされています。

今回この河川敷利用のありかたを踏まえ、占用のあるべき姿について検討し、占用施設の新設・更新許可にあたって河川管理者に対して意見を述べる新しい委員会を開催することになりました。

委員会の目的

周辺環境及び地域性に考慮しつつ、川らしい自然環境を保全・再生する観点に立って、占用のあるべき姿について検討を行い、占用施設の新設及び更新の許可にあたって、河川管理者に対して意見を述べることを目的とします。

またグラウンド等として使われている自由使用の河川敷や堤外民地利用実態について、河川管理者からの意見照会に応じて、意見を述べます。

委員会の設置単位と設置の状況

淀川水系の地域毎(淀川本川、木津川下流、宇治川、桂川)に委員会を設置します。

平成16年12月17日現在、木津川下流河川保全利用委員会、桂川河川保全利用委員会、宇治川河川保全利用委員会、淀川本川河川保全利用委員会が活動をしています。

淀川本川(淀川河口~大阪京都府界)
宇治川(大阪京都府界~天ヶ瀬ダム)
桂川(大阪京都府界~渡月橋)
木津川下流(大阪京都府界~笠置橋下流端)

委員会の規約

各委員会の規約をPDF形式で掲載しております。ご覧になりたい委員会をクリックして下さい。

委員リスト

各委員会の委員リストをPDF形式で掲載しております。ご覧になりたい委員会をクリックして下さい。
ページトップへ