淀川河川事務所

企画展示のご案内

【淀川資料館秋期企画展】

秋期企画展 河川工事と機関車-山から川へ土を運ぶー

2020年10月7日(水)~12月6日(日)
※ 展示は終了しました。
 治水工事の歴史に関心を持ってもらうことを目的として、淀川資料館秋期企画展

「河川工事と機関車-山から川へ土を運ぶ-」を開催しています。

 今回の企画展では、淀川の築堤工事で活躍した機関車などを、写真や図面で紹介しながら、淀川の治水工事の歴史をふりかえります。
>> くわしく見る

【淀川資料館夏期企画展】

夏期企画展 淀川の防災~大雨!洪水!どうなる?どうする?~

2020年725日(土)~913日(日)
※ 展示は終了しました。
淀川資料館では、子どもたちの防災意識向上を目的として、淀川資料館夏期企画展「淀川の防災~大雨!洪水!どうなる?どうする?~」を開催しています。
企画展では、淀川で過去に発生した水害や現在行っている防災への取り組みを紹介するとともに、ハザードマップ等を使用して災害の時に取るべき行動を説明します。

>>くわしく見る

展示1 過去に発生した災害を知ろう
展示2 水害の石碑を調べよう
展示3 水害を防ぐしせつを知ろう
展示4 最近発生した水害を知ろう
展示5 防災について考えよう

【門真市立歴史資料館・市立枚方宿鍵屋資料館・淀川資料館・鴻池新田会所 合同展示】

災害と地域の人々

2019109日(水)~128日(日)
※ 展示は終了しました。
近年はさまざまな災害が発生しています。過去に淀川沿川でも、地震や台風・洪水などの被害がありました。
その際、地域の人々はどのように対処し、また私たちは今後どのように行動すればよいのでしょうか。
今回、淀川河川事務所では、門真市立歴史資料館・市立枚方宿鍵屋資料館・鴻池新田会所と連携して、合同企画展「災害の地域の人々」を開催します。


 >>くわしく見る

淀川資料館では、「過去の災害とこれからの防災」と題して、明治から平成まで淀川で発生した災害を振り返り、今、私たちが何をすべきかを考える展示を行います。
展示1 過去の淀川の災害を振り返る
展示2 今できることを考える
展示3 資料でみる明治18年の洪水と淀川改良工事


  
 淀川改良工事に尽力した沖野忠雄(左)と坂本助太郎(右)

夏季企画展~淀川の防災について学ぼう~

2019年8月1日(木)~2018年9月1日(日)
※ 展示は終了しました。
子どもたちに防災意識を高めてもらえるよう、

夏季企画展~淀川の防災について学ぼう~を開催しています。

>>くわしく見る

明治150年記念 水のめぐみ館アクア琵琶&淀川資料館コラボ企画展

2018年12月4日(火)~2018年12月24日(月)

※ 展示は終了しました。
明治150年である今年2018年を記念して、初めて、水のめぐみ館アクア琵琶と淀川資料館が明治のもの限定のコラボ企画展を行います。


展示場所:水のめぐみ館アクア琵琶(大津市)
水のめぐみ館アクア琵琶 来館・利用の案内 URL
https://www.kkr.mlit.go.jp/biwako/aquabiwa/access/index.html

>>くわしく見る
 

秋の特別展示 後期「三栖閘門と淀川改修増補工事」

2018年11月10日(土)~2018年12月9日(日)
※ 展示は終了しました。

淀川改修増補工事の伏見築堤により、京都伏見の舟運に支障をきたすことのないよう、三栖の閘門が設けられました。

>>くわしく見る

 



【門真市立歴史資料館・市立枚方宿鍵屋資料館・淀川資料館 合同展示】
北河内の交通史

近世・近代の北河内は、「淀川」という日本でも有数の大河川と、「京街道」という京都と大坂を結ぶ主要路を持ち、淀川舟運や街道交通によって栄えてきました。近世から近代にかけての北河内の交通史(街道や河川交通)に注目した合同展示を開催します。 

>>くわしく見る
 

秋の特別展示 前期「毛馬閘門と淀川改良工事」

2018年10月11日(水)~2018年11月9日(金)
※ 展示は終了しました。

淀川改良工事により、大阪八軒家から京都伏見への舟運に支障をきたすことのないよう、毛馬の閘門が設けられました。

>>くわしく見る

 



【門真市立歴史資料館・市立枚方宿鍵屋資料館・淀川資料館 合同展示】
北河内の交通史

近世・近代の北河内は、「淀川」という日本でも有数の大河川と、「京街道」という京都と大坂を結ぶ主要路を持ち、淀川舟運や街道交通によって栄えてきました。近世から近代にかけての北河内の交通史(街道や河川交通)に注目した合同展示を開催します。 

>>くわしく見る
 
 

春休み企画展「河村瑞賢展」

2018年3月9日(金)~2018年3月30日(金)
※ 展示は終了しました。

今から400年前元和4(1618)年に河村瑞賢が生まれました。
当館では瑞賢の大阪での業績を紹介するための企画展を開催します。

>> くわしく見る

春の特別展示 「伏見の三栖洗堰と三栖閘門展」

2018年2月1日(木)~2018年2月28日(水)
※ 展示は終了しました。

三栖洗堰と三栖閘門はそれぞれ竣工から90年目を迎えました。
このたび淀川資料館では、三栖洗堰と三栖閘門について所蔵している建設当時の資料の展示を行います。

>> くわしく見る

【展示概要】
  >>三栖洗堰
  >>三栖閘門

秋の特別展示 「大正6年洪水に関わるひとびと」

2017年10月11日(水)~2017年12月3日(日)
※ 展示は終了しました。

今から100年前の「大塚切れ」といわれる洪水に対して、立ち向かったひとびとに関する展示を行います。

>>くわしく見る



【門真市立歴史資料館・市立枚方宿鍵屋資料館・淀川資料館 合同展示】
北河内・淀川にゆかりの人物伝

近世から近代にかけての北河内・淀川にゆかりの人物に注目した合同展示を開催します。

>>くわしく見る

夏休み展示 「イタセンパラ復活の軌跡展」

2017年8月1日(火)~2017年8月31日(木)
※ 展示は終了しました。

「淀川でイタセンパラ確認されず」のニュースから10年。今年は放流以降最多となる8,888尾を確認しました。

復活に向けた多くの方の努力と熱い想いの軌跡をご覧ください。

>> くわしく見る

春休み展示 「新しい淀川をつくった沖野忠雄」

2017年3月10日(金)~2017年4月14日(金)
※ 展示は終了しました。

大阪市内を流れる淀川はこの男によってつくられました。治水の神様、土木学会第二代会長で終生一技術者だった沖野忠雄。成績表やパスポートなど貴重な資料も展示します。

>> くわしく見る

出張展示「全国スイーツマラソン大阪地区★淀川資料館」

2017年2月26日(日)
※ 展示は終了しました。

枚方から淀川河口までは何km?走るとどれくらい??

会場の淀川マップでチェックしてみよう。

冬休み展示「よどがわのはたらくきかんしゃ」

2016年12月21日(日)~2017年2月28日(火)
※ 展示は終了しました。

冬休み展示「よどがわのはたらくきかんしゃ」を開催します。

むかしの淀川には、はたらく機関車がはしっていました。当時の工事写真を展示します。
好評につき今年も開催

>>くわしく見る
ページトップへ